広めたこと

49 の用例 (0.00 秒)
  • 古くからある手法の一つではあるが、日本においては競馬評論家の高本公夫がこの種の予想方法を世間に広めた人物として認知されており、予想コラムなどを通じて広めたことからタカモト式の名称で呼ばれることも多い。
  • センプルは師・ラッツェルの人類地理学の思想と方法論を英語圏に広めたことで知られるが、ラッツェルの悪い部分のみを広めた、行き過ぎた環境決定論である、といった批判的な語り方をされることが多い。
  • たとえば、この印刷所はキリル文字によるタイプライターを広めたことなどがあげられる。
  • 内政面では1012年、福建省で栽培されていた占城稲を江南各地に広めたことが特筆される。
  • また、触手責めという漫画のジャンルを広めたことでも知られており、これらの作品がエロティック・ホラーへ分類されることもある。
  • しかし文化相対主義が原則的には全ての文化に優劣が無く、平等に尊ばれるべきという通念を広めたことは、ほぼ全ての論者が肯定的に評価している。
  • このモデルは米海軍士官のエドワード・ウィルソン・ベリーが開発し、広めたことからベリーピストルと呼ばれる。
  • しかし朝日新聞は、パイワン族が住む村の村長は「先達が海外で我々の文化を広めたことは村の誇りとして語り継がれている」と話し、又そのような感情を番組で紹介されなかったと報じた。
  • 従来は別々の通貨を用いていた地域を統合しディナールを広めたことで貨幣経済が発展したほか、これに伴い小切手や約束手形、複式簿記など今日でも用いられる会計技術が生まれた。
  • ボーデが発見者はティティウスだと言わなかったこと、論文や学会でも発表し広めたこと、のちに彼が有名になったことにより、この法則はボーデの法則として知られるようになったが、現在ではティティウス・ボーデの法則と言うことも多い。
  • しかし、職業安定法違反や薬事法違反を行ったような印象を与える情報を広めたことについて損害賠償と謝罪放送が命じられ、矢野らの一部敗訴となった。
  • この法則は、当初はボーデの法則として知られていたが、これは、ボーデ自身が発見者はティティウスだと言わなかったこと、論文や学会でも発表し広めたこと、のちに彼が有名になったことに起因している。
  • 王 洛賓は北京生まれの中国の音楽家で、特に中国各地の民族歌曲を収集して編曲し、歌詞を中国語に改めて広めたことで知られる。
  • 世界各国のルーツミュージックに対する造詣も深く、アメリカのルーツ・ミュージックを発掘し、世に広めたことは高く評価されている。
  • 「年の差婚」「草食系男子」「独身王子」などの言葉を世に広めたことでも知られる。
  • これは博報堂若者研究所リーダーである原田曜平氏が角川書店から「さとり世代」というタイトルの本を発売し、メディアで広めたことも後押しされたことが1つの理由と言える。
  • 実際には、もともとのイエローキャブがアジア系売春婦を表す俗語としても米国では広範に使われていたわけではなく、根拠に乏しいため、家田荘子はその誤解を広めたことについて、豊田正義などから追及された。
  • 歌の方でもスキャットという手法を広めたことで知られ、「サンセット・カフェ」で出会ったキャブ・キャロウェイにスキャットを教えた。
  • 栄西禅師は支那から茶を持ち帰り喫茶の習慣を日本中に広めたことでも知られるが、「饅頭」「饂飩」などの日本人になじみ深い食物が日本に入ってきたのもこの時期の博多を通じてであった。
  • 定比例の法則を唱え、ベルトレーとの論争を通じて化合物が、元素の整数比の組合わせでできているという概念を広めたことで知られる。
  • 次へ »