広めたい

43 の用例 (0.01 秒)
  • だが、騒ぎを広めたくない。 来楽零『ロミオの災難』より引用
  • その雑穀を広めたいという一心で、2007年2月には、その当時日本に36人しかいなかった「雑穀アドバイザー」の資格を取得した。
  • 鎌倉幕府8代執権・北条時宗は、弘安元年から文永の役の戦没者の菩提を弔うためと、己の精神的支柱となった禅道を広めたいと願い円覚寺創建を始めた。
  • この点に関して山下は「柔道は他のスポーツに先駆け、文武両道を目標に掲げる」、「武だけになりがちな大学スポーツ界で、文の重要性を広めたい」と意気込んだ。
  • 応募資格は「キャラメルボックスや演劇の楽しさを広めたいと思っている、18歳以上の人」で、アンバサダーになると、紹介した人が10名以上になると、謝礼金として紹介者の来場人数に応じてキャッシュバックが支払われる。
  • 香川県の讃岐地方は創業者である粟田の父の故郷であり、全国に美味しい讃岐うどんを広めたいということから、うどんの聖地である地名をとって「丸亀製麺」と名付けた。
  • この意味では、こだわりの対象に対して、所得や余暇時間のほとんどを費やす「消費性オタク」と、「自分の趣味を周りに広めたい」「創造活動をしたい」と考える「心理性オタク」とに分類される。
  • TAJIRIはハッスルに正式参戦した後のサイン会で彼は「6月のECWワン・ナイト・スタンドでハッスルポーズをアメリカに広めたい」と語り、実際にハッスルポーズを黒田哲広と共に披露した。
  • 製造元の白松がモナカ本舗は、1932年に白松菓子店として開店しており、創業者の「いずれは白松の菓子の名を広めたい」という思いから名付けられた。