広げる

全て 動詞
2,913 の用例 (0.01 秒)
  • それは事実上あり得ない世界を読者の為に広げて見せるからであらう。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • 一人が何も持っていない手を広げながら、ゆっくりとキノ達に近づいた。 時雨沢恵一『キノの旅 第03巻』より引用
  • そのあいだに三人がくぐって中に入り、こんどは内側から広げてくれた。 伊藤たかみ『ミカ×ミカ!』より引用
  • 両手を頭上で大きく交差させたり広げたりして、ずっと振り続けている。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • 足の長い少女の六歩は、アッと言う間に子供との間に長い距離を広げた。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用
  • その方向を見ようともせず、否定姫は背中を向けたままで両手を広げる。 西尾維新『刀語 12 第十二話 炎刀・銃』より引用
  • 広げた一枚の浴衣がどのようなものであるか、ヨシオはよく知っていた。 片岡義男『七月の水玉』より引用
  • そして、もう一つ不安を覚えたのは、目の前に広げられたパンツである。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • 夕刻に行ってみると、先生は明るいランプの下に大きな本を広げていた。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • 推定されている外側の環まで広げると、小さな野球場に近い広さになる。 日野啓三『聖岩 Holy Rock』より引用
  • ところどころに置かれた椅子に、ぽつぽつと人が座って本を広げていた。 山本文緒『群青の夜の羽毛布』より引用
  • あなたはほかの方を向いて今に手を広げなければならなくなります。 夏目漱石『こころ』より引用
  • そういう綱が地面に広げられているところは、大きな魚の骨の形に似ている。 ユゴー・ヴィクトル『死刑囚最後の日』より引用
  • まるで自分自身を落ち着かせるかのように、南美は両手を広げて言った。 伊都工平『天槍の下のバシレイス1 まれびとの棺 〈上〉』より引用
  • 作業台の端に広げてある新聞を、僕の視界はその縁の部分でとらえた。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • 父の机の上には原稿用紙が広げられ、子供の名前がたくさん書かれている。 阿川佐和子『走って、ころんで、さあ大変』より引用
  • そいつは見る見る大きくなってくると、窓の直前で翼を広げ、急停止した。 山本弘『妖魔夜行 私は十代の蜘蛛女だった』より引用
  • 十津川は、受話器を持ったまま片手を伸ばして、机の上の時刻表を広げた。 西村京太郎『寝台急行「銀河」殺人事件』より引用
  • 二階の縁側のガラス戸のすぐ前に大きなかえでが空いっぱいに枝を広げている。 寺田寅彦『簔虫と蜘蛛』より引用
  • 大ガラスは翼を広げて、死者やかれらとともに働く者たちを迎えいれている。 ヨーヴィル『ドラッケンフェルズ』より引用
  • 次へ »