広がる

全て 動詞
10,545 の用例 (0.02 秒)
  • 痩せ衰えた表情に喜びの色が広がっていったのは数秒後のことであった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター04 D-死街譚』より引用
  • でも今、少しだけ視界が広がって他にも歩ける道があることがわかった。 平安寿子『くうねるところすむところ』より引用
  • 自分の吐く白い息の向こう側に、さっきと同じ沈黙の街が広がっている。 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』より引用
  • そんなことしてもお前のキャラの幅はもうそれ以上は広がらないんだよ! 西尾維新『化物語(上)』より引用
  • 左右に細長く広がったその中央に、出入りのためのフランス窓があった。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • まったく、右も左も三人にしてみれば興奮すべき光景が広がっていた。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用
  • そこにはまた、うしろの座敷と同じような広い畳の海が広がっている。 宮部みゆき『天狗風 霊験お初捕物控〈二〉』より引用
  • 天井には白いカビがついていて、それは蜘蛛くもの巣のように広がっていた。 平岩弓枝『葡萄街道の殺人』より引用
  • 窓の外に広がる西の空が赤く染まる頃になると、私の不安は増していく。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • 東京のときのように、発生中の現象が広がっていくかもしれませんよ? 丈月城『カンピオーネ! 04 英雄と王』より引用
  • 他のどんな光景が広がっていてもこれほどは驚かなかったに違いない。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • しかも、車道の反対側にはうっそうとした森のような庭が広がっている。 山本弘/友野詳/高井信『妖魔夜行 深紅の闇』より引用
  • 何かなつかしい匂いを嗅いだ時に、過去の風景が目の前に広がったことは? 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • ジャスティーンの心の中に言い知れぬ絶望のようなものが広がっていった。 高遠砂夜『レヴィローズの指輪01』より引用
  • 城外に黎明が水のように広がっていることは、貴族の五感が伝えてくる。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12d D-邪王星団4』より引用
  • 駒形堂の前まで戻ってきたときには、騒動はあたり一帯に広がっていた。 宮部みゆき『天狗風 霊験お初捕物控〈二〉』より引用
  • 南に向かって広がっている畑で働く下人達の数も数えられるくらいだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅰ (電撃文庫)』より引用
  • このまま、どんどんと影響が広がっていくとしたらどうなるのだろう。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • そしてその向こう側に、それまでとはまるでちがう光景が広がっていた。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ03 琥珀の画廊』より引用
  • 怒りも悲しみも感じなかったが、ただ、虚ろなものが胸に広がっていた。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • 次へ »