広がり

全て 動詞 名詞
7,521 の用例 (0.01 秒)
  • 廊下を少し行くと急に視界が広がり、その先に大きな部屋があらわれた。 エディングス『ベルガリアード物語3 竜神の高僧』より引用
  • 視界は三百六十度に広がり、海と空の全てを同時に見渡すことができた。 鈴木光司『仄暗い水の底から』より引用
  • まだ広がりつつあり、焼けただれた惑星をいくつかともなってさえいた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • 堤防の下にははまと呼んで構わないだけの広さをした砂の広がりがあった。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • くつの下はびろんと広がり、まるでゆかから生えてきたような印象を受けた。 小林めぐみ『ねこのめ 第2巻 羅針盤の夢』より引用
  • 窓の外を見たが、そこは木が一本もない、ただ無の空間の広がりに思えた。 松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 下』より引用
  • 黒い旗の動きが更に大きく広がり、高い波のような揺れを抱えながら走る。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • そしてこの二つは私との結婚後少ししてからだんだんに広がりはじめたのです。 伊藤野枝『成長が生んだ私の恋愛破綻』より引用
  • 寒さだけでなく、野の暗い広がりが、体をしめつけるように迫ってきた。 森村誠一『科学的管理法殺人事件』より引用
  • そして紛れもないパニックが一行のあいだに広がりはじめたようだった。 ラヴクラフト全集5『08 「ダニッチの怪」』より引用
  • 近くにはさわやかに風かおる緑の森が広がり、美しい泉などもあるという。 丈月城『カンピオーネ! 03 はじまりの物語』より引用
  • マイクを通じて何倍にも広がりを持った、豊かな声が会場に線を走らせた。 入間人間『電波女と青春男 第06巻』より引用
  • それは爆発的な勢いで広がり、あっというまに四方に遠い地平線を描く。 葉山透『9S<ナインエス> 第01巻』より引用
  • するとそれを待っていたように次々と明りが広がり、やがて夜が定まる。 渡辺淳一『ひとひらの雪(下)』より引用
  • 窓の外には冬枯れをした芝生の庭が広がり、葉を落とした木立があった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 深い静寂の中に、まったく変化のない闇空間が永遠の広がりを見せていた。 森瑤子『アイランド』より引用
  • 炎は光に、そして熱に、そして圧倒的なエネルギーとなって広がります! 久美沙織『小説版MOTHER2』より引用
  • その先は赤茶色の裸地が広がり、川とそれに掛かる鉄橋へと続いている。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • スーツの肩の広がり方で、その下に確かな筋肉があることが推察できた。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 撮影をしていると、いつもより視界が広がりクリアになった気がする。 石田衣良『波のうえの魔術師』より引用
  • 次へ »