幾許自分

3 の用例 (0.00 秒)
  • もっと幾許いくら置いて、幾許自分の身に着けたか、それすら好くは覚えていない。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 尤も幾許いくら置いて、幾許自分の身に着けたか、それすら好くは覚えて居ない。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 幾許自分にしてもはたで見ているように理由わけもなく、只々懶けるのでもないが、成程懶けているに違いない。 近松秋江『別れたる妻に送る手紙』より引用