幾筋も流れ

17 の例文 (0.00 秒)
  • 忠僕は彼の頬に涙が幾筋も流れているのを見た。 ...
  • 目の前を水が幾筋も流れている。 ...
  • 額に汗が幾筋も流れてきたが、私はなおも走り続けた。 ...
  • 顔にあせ幾筋いくすじも流れていた。 ...
  • 水の表面から見ただけではまったく分からない深い太い底流が、幾筋も流れて交錯しているのである。 ...
  • その顔に、汗が幾筋も流れている。 ...
  • 北方には賀茂川、桂川、宇治川、淀川といった大河が幾筋も流れていた。 ...
  • お福の白蝋はくろうの面に安堵がひろがり、こけた頬に涙が幾筋も流れた。 ...
  • 呉服橋で電車を降りて店の近くへ来ると、ポンプの水が幾筋も流れてる中に、ホースが蛇のように蜒くっていた。 ...
  • 畑が続き、こんもりと木の生い茂った丘があり、遠くに濃い緑の森があって、曲りくねった小川が幾筋も流れていた。 ...
  • 大通りを抜けると川が流れていて、静かな川面に橙色だいだいいろの街灯が映り、光の帯が幾筋も流れている。 ...
  • この墓のあたりなど、水が幾筋も流れ、土を削り、卒塔婆が倒れ石も小さなものはぐらぐらと揺らいでしまっておりました。 ...
  • 灰がはいったのではないらしく、ふいたあとも、涙が、めっきりしわのふえた頬を幾筋も流れた。
  • 丘を縦に小川が幾筋も流れ、野ばらが咲いていた。 ...
  • かしぶなの森林におおわれた丘陵がその間を点綴てんてつしていて、清い冷たい流れの激しい小川がその丘陵の間を幾筋も流れていた。 ...
  • 堅田の岸辺は火の帯でふちどられ、なお、比叡の山頂から、坂本のかたから、松明の灯であろう、炎の蛇がうねうねと幾筋も流れ下り、堅田へと集まってくるのがみえる。 ...