年生の夏休み

20 の用例 (0.00 秒)
  • 中学3年生の夏休みのあと朋章が激変してからもずっと朋章を見ていた。
  • この笹井郁が四年生の夏休みに、その父の郷里、仙台に一家で旅をした。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • それは中学二年生の夏休みのことではなかつたかと思ふ。 渡部昇一『新常識主義のすすめ』より引用
  • 五年生の夏休みは、横町の子達と一緒になって、毎日遊びました。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(2) ―やっちまえ!の巻』より引用
  • 私は四年生の夏休みまで、汽車に乗ったことがなかった。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 高校二年生の夏休み前だったと記憶している。 原田宗典『家族それはヘンテコなもの』より引用
  • 高校二年生の夏休みは、そんな風に、ぼんやりとおだやかに過ぎてゆくはずだった。 野村美月『文学少女シリーズ06 “文学少女”と月花を孕く水妖』より引用
  • 彼女の中学2年生の夏休みは、2人の謎めいた少年と出会うことで幕を開ける。
  • アニメの最終回からその後のストーリーで、さくらたちは小学6年生の夏休み。
  • 受験生にとってはまさに夢のような話であるが、ぼくの高校がその推薦制の指定校になっているという事実は、三年生の夏休みまで明らかにされていなかった。 原田宗典『はたらく青年』より引用
  • 明里が小学校2年生の夏休み、ツアーコンダクターの母が海外で大怪我をした。
  • その理由は大学1年生の夏休みに夏季プロリーグでプレーしてしまったためで、当時のゲーリッグはこれにより大学で野球に限らず全てのスポーツをプレー出来なくなる可能性を認識していなかった。
  • しかしそんな優介が、5年生の夏休み明けに転校してきただいちゃんを家に連れてくる。
  • 高校1年生の夏休みに母が死去、2学期から定時制に移り、昼も働く。
  • 高校三年生の夏休み、私は友だちのかわりにいったアルバイト先の、経営者の二十八歳の息子にいい寄られた。 群ようこ『無印親子物語』より引用
  • 高校二年生の夏休み、桜井瑞穂は父親の命令で一カ月間アメリカにホームステイに出かけた。 永沢光雄『AV女優(上)』より引用
  • 小学校の六年生の夏休みだった。 姫野カオルコ『初体験物語』より引用
  • 中学校3年生の夏休みに、友達と遊び半分のバンドをやるためにいとこにギターを借りてコードを覚え、簡単なコードで初めて曲を作った。
  • 三年生の夏休みだったと思う。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 原作では一年生の夏休み明けにあたるタイミングでアニメ化発表がなされ、原作はその後しばらく休載した。