年来

全て 名詞 副詞
2,619 の用例 (0.02 秒)
  • 数年来は春になれば必ず見ているが、見れば見るほど限りもなく美しい。 九鬼周造『祇園の枝垂桜』より引用
  • おそらくここ十年来の大雨がこの月中にあるのではないかと考えられる。 吉川英治『三国志』より引用
  • 技術家はそのようにして、今日二十年来の資産の大半を失ったのである。 宮本百合子『くちなし』より引用
  • 一葉については明治二十九年来百種ばかりかいたものがあるようです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • ある者は六十年来の暑さだといい、ある者は六百年来の暑さだと言った。 小酒井不木『死の接吻』より引用
  • 互いに異性を感じさせないからこそ成り立っている十年来の仲間だった。 藤堂志津子『やさしい関係』より引用
  • アランはこの二三年来日本に流行して紹介されるフランスの哲学者よ。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • それはもう十年来、夫人のご亭主が生きている時分からのことでしたよ。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用
  • この村には約三十年来三人の進歩的人物がシノギをけずっていたのである。 坂口安吾『保久呂天皇』より引用
  • それでかれは四十年来着てきた重苦しい服のうちいくつかを脱ぎすてた。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 杖五郎が妻に大喝したなどということは、この十年来のことであったろう。 山田風太郎『警視庁草紙(下)』より引用
  • 二十八年来支配的だった考え方がここでくつがえされたことに気もとめずに。 K・H・シェール『地球人捕虜収容所』より引用
  • 数年来、種々な不幸の後を受けて、生活の方が非常に切りつまっていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • なかなか来ない上に何十年来の寒さとかで、寒くもあり、業をにやした。 高見順『敗戦日記』より引用
  • それは二十余年来の信長の悪い半面だけを罪状として数えることである。 吉川英治『新書太閤記(七)』より引用
  • 今回のジュネーブ行きの目的は、七十年来のわが外交を清算するにある。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 僕はもうこの二十年来、そんなことは考えてみたこともなかったがね。 ヘッセ/芳賀檀訳『漂泊の人(クヌルプ)』より引用
  • この扉は釘着くぎつけになしありて、数年来開きしことなきものの如くなりき。 森鴎外訳『諸国物語(上)』より引用
  • しかもその女は江美ではなく、静代という七年来の関係を持つ女性だった。 中場利一『えんちゃん 岸和田純情暴れ恋』より引用
  • もう七〇年来、それは黒瀬の男にとって考えるまでもない生き方だった。 松平維秋『松平維秋の仕事』より引用
  • 次へ »