年年

全て 名詞 副詞
256 の用例 (0.01 秒)
  • 臨時航空術練習委員およびフランス航空団の教育指導と並行して1919年年4月、陸軍航空の現業軍政と専門教育を統轄する陸軍航空部が設立された。
  • 而してそれが今予が述べた如く、班固の書いた雄の卒年年壽より逆算したものと一致するのは面白いことである。 狩野直喜『楊雄と法言』より引用
  • 私は毎年夏がきて鎌倉の海へ行く度に、彼女等の海水着が年年ちひさくなつて、むきだしの皮膚の区域が年毎にひろくなるのを、好もしく眺めるのである。 森田たま『もめん随筆』より引用
  • 池上競馬場を運営する東京競馬会に馬券発売を伴う競馬の開催が許可されたのを見て、川崎でも競馬会設立の動きがあり、1906年年9月には川崎競馬場を予定する京浜競馬倶楽部も許可を受ける。
  • 文化10年年建立の旧本殿が、昭和39年に建てられた現在の社殿内に納められている。
  • 製紙業も1874年年8月に製造を開始した東京日本橋蛎殻町の有恒社に次いで早い製造開始であった。
  • その後、1918年の大学令公布にともない第一次帝国大学令は全部改正されることとなり、翌1919年年2月7日、第二次帝国大学令として公布された。
  • 学校の根拠となる宇都宮陸軍飛行学校令は1945年年4月18日施行の「陸軍航空本部令外三勅令中改正等ノ件」により廃止された。
  • 三菱が、本来大型機用として開発した金星が、出力不足で大型機には能力不足であるということが判明したため、金星をベースにしてさらに大排気量のエンジンを開発することとなり、1938年年2月に開発に着手した。
  • 文保本は中巻のみの端本であるが、文保2年年書写の奥書を持つ、現存最古の写本である。
  • 各年年末の1米ドルあたりの交換レートは以下の通り。
  • しかしその城跡も元禄17年年2月27日から始まった大和川の付け替え工事に伴って、現在と大きく地形が変化し場所の特定など困難になってしまっている。
  • 新ドック建設予定地には旗山と呼ばれていた丘があったが、明治31年年10月から旗山を崩してその土砂で海の埋め立てを行い、ドック建設予定地の整地を行った。
  • しかるに盛廉が元亀元年年3月18日に戦死したため、国分の当主として復帰した。
  • その犬は健やかに育つて年年子供を持つた。 森田たま『もめん随筆』より引用
  • 宝永7年6月には狭隘となった書物蔵を改築、翌正徳元年年には一棟を追加し、東西の書物蔵が揃う。
  • 結局、昭和52年年6月、東亜相互企業は不渡りを出して倒産した。
  • 翌1943年年3月、海軍潜水艦部隊の精鋭で構成される第一潜水戦隊の司令官に就任し、前線に出征した。
  • 明治23年年5月場所より前の横綱免許制度時代でもこのような降格経験者は不知火諾右衛門のみ。
  • そこで又た一方では班固が書いた雄の卒年年壽を兩つながら正しきものと見て、天鳳五年より七十一歳丈、上に溯ると彼れは宣帝の甘露元年に生れたことになる。 狩野直喜『楊雄と法言』より引用
  • 次へ »

年年 の使われ方

年年 で始まる単語