年内務省

33 の用例 (0.01 秒)
  • 翌1930年には法律科にも合格し、1938年内務省に入省する。
  • この中には軍事用の路線整備も含まれ、翌1920年内務省告示第125号により全国に26線のいわゆる軍事国道が定められた。
  • 昭和四年内務省の統計によると、全国における娼妓約二百八十四万人中の性病患者は約五万二千人、うち東京は二・五七パーセントで最も多い部類に属した。 紀田順一郎『東京の下層社会』より引用
  • 高等文官試験にパスし、卒業後の1927年内務省に入省、主に統制経済畑を歩いた。
  • 旧制佐賀高等学校を経て東京帝国大学法学部を卒業し、1935年 内務省に入省した。
  • 祐之の官僚としての記録は、明治22年内務省警視庁会計局に籍を置いていた記録がある。
  • 旧松山・薩摩藩邸には明治6年博覧会事務局が移転し、明治8年内務省管轄の博物館となり、動物園・植物園等が併設された。
  • これらの建設・維持・連絡のために国費で道路の建設まかなう軍用道の必然性が出てきため、1885年内務省告示6号において、全国の国道に番号を付けて公布された中に鎮台を連絡する国道が定められた。
  • 東京帝国大学英法科在学中に高等文官試験に合格し、卒業後の1928年内務省へ入省した。
  • 北足立新座郡役所が 管理したが、1891年内務省訓令により公園は所在地の町で維持保存をすることになった。
  • 明治33年内務省令第44号として1900年10月2日に発布され、1946年に廃止された。
  • 大正十年内務省の調査によれば、四谷、浅草、深川の三地区の二千百五十九人のうち、四一パーセントはまったくの無学であり、小学校二、三年程度が一五パーセント、同四年以上および卒業の者は二〇パーセントにすぎなかった。 紀田順一郎『東京の下層社会』より引用
  • 昭和8年内務省の牛乳営業取締規則の改正により制定され、昭和22年12月の食品衛生法に引き継がれた。
  • タクシンはタイ王国警察士官学校第26期を首席で卒業し、1973年内務省警察局に警察少尉として任官する。
  • 外務省に入り大使館書記生として英国で学び、帰国後の1881年内務省に入省した。
  • GHQは護国神社を監視対象とし、昭和21年2月2日勅令第71号および昭和21年内務省令第5号によって既存の神社は斉しく宗教法人へ移行することとなり、神社は政府・自治体からの援助を受けられなくなってしまった。
  • 司法省に入省し、キエフ控訴裁判所に勤務した後、1881年内務省に移る。
  • ニコライ・ミリューチンはモスクワ大学を卒業後、1835年内務省に入省した。
  • 現在の橋は、1941年内務省によって架け替えられた。
  • 東京帝国大学法学部卒業後の1941年内務省に入省したが、わずか2週間後の1942年1月海軍短期現役八期生として海軍経理学校に入学する。
  • 次へ »

年内務省 の使われ方