年の夏休み

170 の用例 (0.00 秒)
  • 中学一年の夏休み前に祖父がやって来て、両親と僕とで話し合いをした。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • 関永が中学三年の夏休みに初めてセックスしたのもこのスタンドだった。 ヒキタクニオ『ベリィ・タルト』より引用
  • 小学六年の夏休みとなれば、中学進学で子供たちは親以上に血眼ちまなこである。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • 中学二年の夏休み最後の日の、しかも牛後八時を五分ほど過ぎていた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その1』より引用
  • 二年の夏休み、ぼくらは一年前と同じようにおとなたちに聖戦をいどんだ。 宗田理『ぼくらの秘島探検隊』より引用
  • ところが、大学三年の夏休み明けから急に大学に行かなくなったのだ。 新津きよみ『招待客』より引用
  • その年の夏休みから露伴による生活技術の教育を受けるようになる。
  • 私は折笠先生の訪問もその年の夏休みのいやなおつとめの一つに数え挙げていた。 島尾敏雄『出孤島記』より引用
  • 大学三年の夏休みに、約一ヵ月をかけて南フランスを旅して歩いた。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 圭介が家族の秘密を知ったのは、大学一年の夏休みが最初であった。 赤川次郎『ひまつぶしの殺人』より引用
  • 八月に傾斜があることを知ったのは大学三年の夏休みだったと思う。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • そして、中学二年の夏休み最後の日の午後九時を、十分ほど過ぎた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その1』より引用
  • この年の夏休みに一日12時間もの猛練習で急速に実力を伸ばした。
  • 高校二年の夏休み、帰省して先生と二人で北浜の贄門岩にえもんいわを見に行った。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • その年の夏休みに入って間もない七月のなかごろから、彼女は行方不明となった。 上野正彦『死体は語る』より引用
  • 高校三年の夏休みが近づいてもナナコからの手紙はこなかった。 角田光代『対岸の彼女』より引用
  • 中学一年の夏休み、父に連れられ、はじめてイカ漁の大型漁船に乗った。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 中学3年の夏休みに音楽好きの姉の影響でベースを手にする。
  • 小学校三年の夏休みを、私は母や祖母と奥多摩の旅館の離れで過した。 向田邦子『父の詫び状』より引用
  • 四度目は、高校三年の夏休みに北海道旅行をした時である。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 01 アの国の恋』より引用
  • 次へ »

年の夏休み の使われ方