年のエリザベス女王

22 の用例 (0.00 秒)
  • この年のエリザベス女王杯は4歳馬限定戦としては最後の開催であった。
  • しかし、その年のエリザベス女王杯まで制した馬は出てきていない。
  • それに先駆け、2009年のエリザベス女王杯でシャラナヤに騎乗した。
  • 日本関連では姪のフサイチパンドラが2006年のエリザベス女王杯に優勝した。
  • さらにミヤマポピーが1988年のエリザベス女王杯を優勝した。
  • 褒賞金の獲得は2010年のエリザベス女王杯で優勝したスノーフェアリーが初めてとなった。
  • なお母の父としての産駒ではフランスで調教され2008年のエリザベス女王杯に出走して10着となったトレラピッドがいる。
  • 有名馬では複数枚張られることも珍しくなく、2010年のエリザベス女王杯ではこのレースで引退となるテイエムプリキュアの横断幕が全部で9枚掲げられていた。
  • 実際にこの2頭は1996年のエリザベス女王杯と有馬記念で対戦しており、ヒシアマゾンが2度とも先に入線している。
  • 日本には2008年現在競走馬としての産駒は輸入されていないが、2008年のエリザベス女王杯に産駒のフェアブリーズがドイツから出走し、単勝10番人気で16着だった。
  • 一六〇一年の父ジョンの死、そして一六〇三年のエリザベス女王の死、かつての女王の寵臣エセックス伯の反乱、またシェイクスピアのパトロンであったサウザンプトン伯の死刑の宣告等の外的条件を積み重ねてみても、シェイクスピアのこの時期を完全に解き明かすことはできないであろう。 シェイクスピア/大山敏子訳『ロミオとジュリエット』より引用
  • 晩成の長距離血統と思われたせいか産駒にさほど恵まれなかったが、数少ない産駒の中からリワードウイングが産まれ、同馬が1985年のエリザベス女王杯を制したことでGI馬の父となる。
  • 続く阪神牝馬ステークスで9着に敗れるとその後は精彩を欠き、1999年のエリザベス女王杯を最後に競走馬を引退した。
  • なお、武騎手は2008年のエリザベス女王杯でポルトフィーノに騎乗したときもスタート直後に落馬しており、ノーリーズンの落馬と絡めて再び揶揄されることになってしまった。
  • すぐ下の半妹にあたるサクラスマイルは1981年のエリザベス女王杯に3着し、サクラショウリとの間にサクラスターオーを送り出したが、スターオー1頭のみを残して死亡した。
  • 前年のオークス馬・ダンスパートナーが勝ち、1994年のエリザベス女王杯勝ち馬・ヒシアマゾンは2位入線も降着となった。
  • 同馬では2003年のクイーンステークスでファインモーションを破り、2004年、2005年のエリザベス女王杯で2年連続2着するなどの成績を挙げている。
  • ポルトフィーノは2008年のエリザベス女王杯で武豊をスタート直後に振り落とし、カラ馬のまま先頭で入線しており、これはグレード制施行後のGI競走における唯一の「カラ馬の1着入線」となっている。
  • おもな管理馬に1991年のエリザベス女王杯優勝馬リンデンリリー、2008年の宝塚記念優勝馬エイシンデピュティがいる。
  • 本番が近づくにつれて有力馬の回避が相次ぎ、2010年と2011年のエリザベス女王杯を連覇し、当年のアイリッシュチャンピオンステークスにも優勝していたスノーフェアリーが故障により出走を回避することが9月29日に明らかになった。
  • 次へ »