年に太平

22 の用例 (0.00 秒)
  • 同治3年に太平天国が滅亡すると今度は劉銘伝に従って北上し、捻軍と戦う。
  • 近代には1850年に太平天国の乱が広西の金田村で始まったため、チワン族も多数参加した。
  • 武秀才であったが、1853年に太平天国の北伐に呼応して、弟の王藩とともに蜂起した。
  • しかし1864年に太平天国が滅亡すると、清軍は貴州省に軍を投入し、蜂起軍は守勢に回った。
  • 馬建忠は幼い頃から科挙を目指して四書五経を学んでいたが、咸豊3年に太平天国軍が南京に入ると一家は上海に避難した。
  • 湖北省武昌出身で1853年に太平天国軍が武昌を攻略した際に李秀成の養子となったという説と、李秀成の実子という説がある。
  • この内、裏町と境町は1869年に柳島町に、出村町は1872年に太平町にそれぞれ編入される。
  • 父の死で郷里に帰ったが、江南では1860年に太平天国軍の攻撃で江南大営が壊滅し、蘇州・常州が陥落した。
  • 咸豊3年に太平天国軍が安徽省に迫って来ると、李鴻章は朝廷の命令を受けて郷里の安徽省合肥で団練を作った。
  • しかし1864年に太平天国が滅亡すると、席宝田率いる湘軍が貴州の蜂起の鎮圧にあたることになった。
  • しかし翌3年に太平天国が滅亡すると、太平天国の遵王の頼文光は張楽行の甥の張宗禹ら捻軍の残存勢力と連合して組織の改編を行った。
  • 資政新編は1859年に太平天国の干王洪仁玕が天王洪秀全に提出した建議書である。
  • 咸豊4年に太平天国軍が廬江を占領すると、丁汝昌も葉芸来の太平天国軍に参加したが、咸豊11年に清朝の曽国藩が率いる湘軍に安慶が包囲されると投降し、逆に安慶攻略で功をあげて千総として召抱えられた。
  • 道光30年に太平天国の乱が勃発すると、胡林翼の推挙で湖南巡撫張亮基・駱秉章の幕府に入り、楚勇を組織して太平天国軍の攻撃から長沙を守った。
  • 英軍少佐だったゴードンは、1863年に常勝軍の司令官となり、以降、1864年に太平天国が壊滅するまで各地を転戦し、乱の鎮圧に功績を挙げた。
  • 咸豊4年当時は陸軍13営6千5百人、水軍10営5千人であったが、同治3年に太平天国を滅亡させた時には12万人まで膨れ上がっていた。
  • 咸豊3年に太平天国が南京を陥落させると、琦善に従って軍務につき、揚州の郊外に江北大営を建設した。
  • その後小刀会が廈門で敗北すると撤退を余儀なくされたが、太平天国と連絡をとり、1855年に太平天国が江西省に進出すると、林万青は太平天国の職を授かって、福建省西部で太平天国を迎え入れる準備を整えた。
  • 同治元年に江西巡撫に就任し、同治3年に太平天国の天京を陥落させた際には、幼天王洪天貴福・干王洪仁玕・昭王黄文英を江西に追い捕虜とし、この軍功により軽車都尉に昇進した。
  • 洪秀全が金田村で蜂起した後、各地の情勢は騒然としていたが、1854年に太平天国軍の呼びかけに呼応して、仏山大帽山で天地会の指導者陳開と李文茂が蜂起し、陳を元帥、李を副帥とした。
  • 次へ »