年に外務省

32 の用例 (0.00 秒)
  • 芦田は東京帝国大学を卒業後、1912年に外務省に入り外交官となった。
  • 大正十年に外務省をやめるとき、また外務省に入ろうとは思っていなかった。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(下)』より引用
  • これは一九六六年に外務省管轄かんかつではじまった派米短期農業労務者事業とともに、若い農業者に国際体験をさせることによって日本の農村の近代化をはかる活動を行なっていた。 吉岡忍『奇跡を起こした村のはなし』より引用
  • 井上は彼を外務省出仕にし、明治十七年に外務省書記官となってドイツ公使館に三年間在勤した。 松本清張『小説東京帝国大学(下)』より引用
  • 核実験を行ったインドやパキスタンと距離を置いていた時期もあったが、近年、両国との関係が重視されるようになり、2006年に外務省アジア大洋州局に南部アジア部を新設した。
  • 日本は被爆国であるため、核実験を行ったインドやパキスタンと距離を置いていた時期もあったが、近年、両国との関係が重視されるようになり、2006年に外務省アジア大洋州局に南部アジア部を新設した。
  • こうしてイグナティエフは三等書記官試験をトップの成績で通過し、1940年に外務省に入省した。
  • 彼の上司は1948年に外務省裁判で起訴された。
  • ジェブは1942年に再建復興部長となり、1943年に外務省で参事官となった。
  • 帰国後は司法省に入省し、大審院判事を経て、1884年に外務省へ転出する。
  • なお、華北においても1936年に外務省対支文化事業部が北京に華北産業科学研究所を設置し、華北地区の農業改善に努めた。
  • 僅かに時代のはるかに降った明治十七年に外務省が出した『外交志稿』に米人セバルトーの著書を引いて、サニマやソウザ、ゴンザのことに触れているのを見るだけである。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • エリオットはこの東アフリカでの任務が生涯でもっとも幸せな時期であったと述べているが、イギリス本国の意向に反してマサイ族の領地で白人入植地の拡大を推し進め、1904年に外務省と対立し官を辞した。
  • 翌1973年外務省公務員採用上級試験を合格し、1974年に外務省に再入省した。
  • 京都大学を卒業し、1979年に外務省に入省する。
  • 東京都に生まれ、東京都立青山高等学校、東京大学法学部を経て1954年に外務省に入省する。
  • しかし天図軽便鉄路の赤字問題が浮上すると外務省が方針を転換、1927年に外務省は赤字体質を改善できない鉄道会社に延伸計画を委任することはできない、逆に南満州鉄道に委任すれば天図軽便鉄路自身の救済にもなると、吉敦鉄路延長案の採用を決定した。
  • 東京大学教養学部を卒業して、1961年に外務省に入省する。
  • 同校在籍中の1962年外務公務員上級試験に合格し、卒業後の1963年に外務省に入省した。
  • 特に1928年に開催された第2回国際移民会議日本代表を務め、その後はペルシャ、ポルトガル公使を歴任した後、1938年に外務省を退官した。
  • 次へ »