年に埋め立て

29 の用例 (0.00 秒)
  • 江戸城への輸送路として活用されたが、明治43年に埋め立てられた。
  • この入り江は1835年に埋め立てられ、現在は歴史的な歩道となっている。
  • この運河はついに船の通行ができなくなったため、1676年に埋め立てられた。
  • 残っていた湾の南側は1966年に埋め立てられて金沢区柳町となり、現在の細長い湾が残った。
  • この避難港は1915年に埋め立てられ、国鉄神戸臨港線神戸港駅が建設された。
  • 流川の名は1913年に埋め立てられるまで、縮景園からこの地に運河が流れていたことに由来する。
  • 近代には地方病の有病地で、町域に存在した臼井沼は原因となるミヤイリガイの生息地であったため、昭和52年に埋め立てられた。
  • かつての弁天埠頭の東側の地先水面も平成8年に埋め立てられ、中突堤西地区として再開発されている。
  • かつては現在の7倍もの面積があったが、周辺の工業用地造成のために1969年に埋め立てられた。
  • その後、正蓮寺川の治水事業に伴い1967年に埋め立てられた。
  • なお、この洗旗池は1963年に埋め立てられ、高知新聞社員寮になっている。
  • オランダ語で「澄んだ湖」を意味する地名は街の北方にある淡水湖を指したが、1614年に埋め立てられた。
  • また区東部には1733年に難波入堀川と呼ばれる運河が開削されたが、1958年に埋め立てられた。
  • 当地には明治時代から続く7つの小字があったが、地元にはあまり定着しておらず、上・中・下の3分割で呼ばれており、昭和30年代の土地改良後にはその3つに加え、昭和17年に埋め立てられた区域を含む中央の4町会が成立した。
  • 現在の芝浦口周辺一帯は当時まだ陸地ではなく、1913年に埋め立てられてから工業地帯へと変貌を遂げた。
  • 交差点自体は四方向の十字路だが糸満漁港西側がロータリー完成後の1970年に埋め立てられたため、ロータリー交差点は実質国道と県道の八重瀬町方面との三叉路型となっている。
  • なお「造船船渠」は1993年に埋め立てられ、跡地は工場として再利用されている。
  • 日本国内で比較的大規模なものでは、工業用地として1967年に埋め立て完了した東京都大田区の平和島や昭和島、同じく1967年まで廃棄物処分場として埋め立てられていた東京都江東区の夢の島などがある。
  • 元々トラック事業者は泉川通にトラックターミナルをつくり流通拠点としていたが、規模が小さいのと市街地のため大型トラックの通行に支障が多いことなどのため、1973年に埋め立ての完了した天保山の土地に6社の出資によって設置された。
  • 小松が立地していた田戸海岸は、1913年に埋め立てが行なわれたため、小松は海岸線から離れてしまい、白砂青松の景勝地に立地しているという魅力を失った。
  • 次へ »