年に単身

19 の用例 (0.00 秒)
  • 戦争悪化のため1944年に単身帰国し、また御幸の下で暮らすようになった。
  • 外交官を志したこともあり九州の高校を卒業後、1987年に単身渡英しロンドンなどで暮らす。
  • 妻子がある場合入寮は免除されるが、2007年に単身で入寮した。
  • サン・アンリに住んで学校に通ったが、1953年に単身パリへ留学し、美術学校に学ぶ。
  • 京都府宮津出身の森上助次もこの入植に参加したひとりで、1906年に単身渡米した。
  • そして2007年に単身で上京し数々のBATTLEイベントで好成績を収める。
  • ここで修業を積み、しばらくは兄弟でオルガン製作を行ったが、1710年に単身ザクセンに戻った。
  • 松山中学の漢学の教師をしていた叔父・近藤元弘の養子となり松山中学を卒業後、1903年に単身、渡米した。
  • しかし遠く離れた日本では、依然前時代のフランス料理しか存在せず、唯一秋山徳蔵のみ、1909年に単身渡仏してエスコフィエから料理を直接学んだことがあったが、帰国後に皇室の料理番となったため、一般にその技術は伝播しなかった。
  • 幼少の頃より舞踊家である母に日本舞踊を学びながら諸師匠方に手ほどきを受けるも、自分の中に芸の狭さを疑い始め、2001年に単身で大阪へ向かう。
  • しかしプロレスラーになる夢が断ち切れずに、理容学校卒業後のインターン中に理容師への道を捨て道路工事などのアルバイトでメキシコに渡るべく実費を稼ぎ、1993年に単身メキシコへ渡る。
  • 共産主義者となったシュテファンは、ドゥプチェクら家族を米国に残して1925年に単身ソ連に渡り、ピシュペクに設けられたチェコ人およびスロバキア人労働者による社会主義体制構築支援チーム「インテルヘルポ」に加わった。
  • その後、1992年に単身でイギリスへと渡り、中日新聞のロンドン支局で働くかたわら、グラフィックデザインを学んでいた。
  • その後、自転車ビルダーとして一本立ちするべく、1970年に単身イタリアへ渡り、帰国後、日本代表チームのメカニシャンとなる。
  • その後、次第に仕事がなくなり芸能界を引退すると1989年に単身フィリピンへ渡り、柔道5段の経歴を活かして柔道教室を開いた。
  • その後、1997年に単身赴任で再来日し、日本伝道隊の兵庫県揖保川の西播磨教会に宣教師として赴任する。
  • 養女に出した蕗子も貧困にあり、女工、納豆売りなどをしていたが、草人が1929年に単身で帰国したときに竹三郎とともに再会した。
  • 日本医科大学を卒業後、1952年に単身渡米し、ローマ・リンダ大学で臨床・解剖病理学を専攻、助教授となる。
  • その後1998年に単身来日し、『トーキョー・トワイライト』で日本再デビュー、第42回日本レコード大賞新人賞に輝く。