年に内務省

73 の用例 (0.00 秒)
  • これとは別に、1992年に内務省に国立犯罪情報分析局と呼ばれる組織が設立されていた。
  • 日本では1889年に内務省によって脚気の患者に対する病院給食が開始された。
  • 災害防止軽減局は、2002年に内務省の局レベル組織として設置された。
  • 卒業後には大学院に入り、1933年に内務省に入省し国立公園の調査にあたる。
  • これは1933年に内務省が計画標準を定めるまで、この数値が準用されていた。
  • 当時の内務省は高文を受験しなくても帝国大学で一定の基準以上の成績を取っていれば採用され、採用の年に改めて高文の試験をうけさせる例になっていたので、大学卒業の年に内務省の採用試験を受け合格した。
  • 移民省はその後2010年に内務省に統合されている。
  • 日本では区画整理事業の街区と画地については、1927年に内務省で土地区画整理審査標準を定めた。
  • 一方、1927年に内務省が土地区画整理審査標準を定めたことで土地の造成が容易になった。
  • この状態は1997年に内務省がそこをオクシデンタル石油に売却するまで続いた。
  • 明治14年に内務省から農商務省に商務局長兼工務局長として移籍する。
  • やがて陸軍の近代化に伴って、部隊の移動に支障があるような河川に架橋する計画が持ち上がり、1924年に内務省の手によって旧上り橋が完成した。
  • 同じ年に内務省の指定港湾となった。
  • 旗は、赤 - 白で、1963年に内務省の認可を得ている。
  • 旗は、緑 - 白で、1956年に内務省の認可を得ている。
  • 日本における道路橋の基準の整備は、1886年に内務省土木局により「道路築造保存方法」が制定され、橋の設計に用いる車両の荷重が規定されたことに始まる。
  • それを受けて高木文平ほか3名は、1893年に内務省へ電気鉄道の敷設を出願した。
  • この都市計画は若干の変更の上、1940年に内務省から公示されて事業が着手されたが、間もなく始まった第二次世界大戦により工事は停滞し、幹線街路網の整備が進んだところで敗戦を迎えた。
  • 明治維新以後、それぞれの県が統計を行なっていたが、明治16年に内務省が府県統計書様式を定めたため、各府県がそれに従って統一的な様式で作成するようになった。
  • 旗は青 - 白で、1968年に内務省の認可を得た。
  • 次へ »