年に元就

8 の用例 (0.00 秒)
  • 元亀2年に元就が死去した後は、後を継いだ嫡孫・毛利輝元の補佐を吉川元春から依頼されている。
  • そして天文19年に元就の謀略で興経が謀殺され、藤姓吉川氏嫡流は滅亡することになる。
  • なお、毛利氏に従った同姓同名の人物がおり、大永3年の元就の家督相続に賛成した15人の宿老だった人物や、天文19年に元就に誅伐された井上一族の人物がいる。
  • 佐波氏の佐波隆秀も弘治2年に元就に帰参、家臣として仕えた。
  • 元亀2年に元就が没したときに、輝元の叔父の吉川元春・小早川隆景に輝元の後見を依頼した書状が現存している。
  • 翌、永禄5年に元就が石見国の有力国人である本城常光一族を滅ぼした際には、経安は毛利家臣として上山元忠らとともに常光の居城山吹城を接収している。
  • はじめ、毛利氏に従い幼少期の毛利元就の後見役として仕えたものの、永正4年に元就の領地であった猿掛城・多治比300貫を横領したと伝えられる。
  • しかし、天文24年の厳島の戦いで晴賢が毛利元就に討ち取られると藤兼も翌弘治2年に元就の次男・吉川元春に益田領へ攻め込まれ、翌3年に降伏、以降は毛利氏の家臣となった。