平野博文

13 の用例 (0.00 秒)
  • 平野博文官房長官を中心に、前年末から密かに検討がなされ、地元有力者との接触を図っていた。
  • 鳩山首相は同案を平野博文官房長官を通じて日銀に打診したが、拒否された。
  • 党幹事長に小沢一郎、内閣官房長官には平野博文が起用された。
  • 平野博文元内閣官房長官に近い衆議院議員を中心として、2010年12月14日に結成され、2011年1月25日の会合において政治団体の設立の届出をしたことが報告された。
  • また、この「締め出し」は記者クラブだけではなく、既存メディアや平野博文官房長官の意向を汲んでいるとの指摘もある。
  • 第41回から5回連続でグループ中核の松下電器産業出身で中村正男の秘書であった平野博文が制し、第44回を除き自民党候補の比例復活を許さないほどの大阪屈指の民主王国であった。
  • このような地方自治体における外国人参政権反対の優位の状況に対して、2010年1月、平野博文官房長官は「地方自治体の問題ではなく、わが国に住んでいる住民の権利としてどうなのかという概念だ」と、外国人に対する地方参政権付与は地方自治体の意見と無関係とした。
  • これにより委員会の開会が15分遅れ、冒頭に平野博文内閣官房長官と3閣僚が陳謝する異例の事態となり、同委員会の休憩中官房長官から「事務のミスであっても監督者は大臣だ」と再発防止を求められた。
  • 日米関係の悪化を懸念する岡田克也外務大臣は問題の年内解決を主張すると、鳩山由紀夫総理大臣は「何でそんなことを言うんだ」と不快感を漏らし、12月10日、官房長官の平野博文は住民を基地から遠い場所に移動させる案を示すなど閣内不一致が表面化した。
  • 文部科学省前大臣の平野博文ほか参議院議員2名は、2012年11月22日に勝見彰亀岡市副市長らと亀岡市役所で意見交換し、事故後の通学路整備実施状況の説明や京都縦貫自動車道無料化などの要望を受けた。
  • 平野博文官房長官が、2010年2月25日に公表した統一見解に関し、記者会見で「本来、憲法で言っている概念からいくと、天皇は国政に関する権能を有しないので、政治利用が存在することはあり得ない」と強調し、政治利用の論議自体を否定したことに対し自由民主党や日本共産党が反発、一方、民主党からは擁護論が出た。
  • これは、2010年1月21日の衆議院予算委員会での自民党谷垣禎一総裁の質問を受け、民主党鹿野道彦予算委員長が公的行為に対する統一見解を出すように要請し、平野博文官房長官が政府見解を出すと表明していたものである。
  • 自民党では谷垣禎一総裁が「小沢氏の一元支配、独裁という姿がはっきりしてきた」と批判 する一方、平野博文官房長官は「小沢支配」は曲解だと反論している。