平穏無事に過ぎ

6 の用例 (0.00 秒)
  • それから一か月は平穏無事に過ぎた。 森村誠一『殺人の組曲』より引用
  • 二口目も平穏無事に過ぎた。 東海林さだお『タコの丸かじり』より引用
  • それに、事件が起らぬかぎり、本部に連絡をとることはかたく禁じられているから何事もなく平穏無事に過ぎている間は、何だか自分がなかまから忘れられてしまったような気がしてくる。 光瀬龍『歌麿さま参る』より引用
  • 午後は平穏無事に過ぎた。 クリスティ/小西宏訳『パーカー・パイン2』より引用
  • 平穏無事な一日が、平穏無事に過ぎていく。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その2』より引用
  • もちろん平穏無事に過ぎたわけではないが、来年で銀婚式を迎えるというところまで、何とかこぎつけた。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用