平穏無事に暮らし

6 の用例 (0.00 秒)
  • つまり、私が六歳のころ、私も、私の一家も、平穏無事に暮らしていた。 三浦哲郎『忍ぶ川 他』より引用
  • おかげで俺たちは平穏へいおん無事に暮らしていられる。 谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』より引用
  • 二人がローマで平穏無事に暮らしていたのだったら、彼女はこれだけの精神力を夫の眼から恋人おとこかくまうのに使ったことだろう。 スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』より引用
  • 若干の不安を抱きながらも、それから数年間、恵里はどうにか平穏無事に暮らしていた。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • いったい世間というものは、平穏無事に暮らしている人々には、なんの興味も向けないものであるが、一度その人たちがつまずくと、ふいにあらゆる神経をそのほうへ集中するものである。 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』より引用
  • こうして二年ばかり、平穏無事に暮らしてきたのですが、ある朝のことです、思いがけなく、パリの画塾時代のピエール・ボンショーズが訪ねてきたのには、うれしくもあり、おどろきもしました。 クロフツ/田村隆一訳『樽』より引用