幕府天文

48 の用例 (0.00 秒)
  • 江戸時代後期の天文学者で、幕府天文方になった高橋至時から命名された。
  • 一栄の父の千賀氏は幕府天文方に属して、数学をもって仕えた。 石川淳『焼跡のイエス・処女懐胎 他』より引用
  • シーボルトは、江戸で幕府天文方高橋景保のもとに保管されていた伊能図を見せられた。
  • 天明3年6月、幕府天文方属員となり、暦作御用として渋川家を補佐した。
  • しかし江戸時代には江戸幕府天文方によって歴算、頌暦の権限が簒奪された。
  • 一方で幕府天文方の渋川春海は地球球体説を含む西洋の天文学知識を取り入れていた。
  • 幕府天文方では世界地図の翻訳事業がなされ、1810年『新訂万国全図』を刊行した。
  • 江戸幕府天文方で編暦・測量を行った。
  • 孫の杉田成卿は幕府天文方となった。
  • ロシヤ語はこのとき以來幕府天文方において一つの座席をもつやうになつたし、「種痘法」は一部ではあつたが日本人の知識のうちに加へられた。 徳永直『光をかかぐる人々』より引用
  • 同年幕府天文方出仕となり、勤務の傍ら江川英龍に砲術や軍学・オランダ語を学んだ。
  • 文化元年に父の跡を継いで江戸幕府天文方となり、天体観測・測量、天文関連書籍の翻訳などに従事する。
  • そして文政六年十二月には、幕府天文方に出仕を命ぜられ、暦局で高橋景保の下で働いた。 綱淵謙錠『幕末風塵録』より引用
  • 幕府天文方では世界地図の翻訳事業がなされ、1810年、『新訂万国全図』を刊行した。
  • 渋川 六蔵は、江戸幕府天文方を務めた渋川家当主の通称の1つ。
  • 江戸幕府天文方渋川春海による貞享2年の改暦によって、全廃された。
  • だが、江戸幕府天文方が主導した改暦に成功すると、改暦の権限を巡って幕府と朝廷の間で対立が生じるようになった。
  • 伊能は正式に幕府天文方の役人として雇用され、翌文化2年の第5次測量からは、幕府直轄事業として行われることとなった。
  • それが世界的壮挙であることを外国のすべての地理学者は認め、なかんずくロシアの大水路学者クルーゼンシュテルンなどは、「われ日本人に敗れたり」と叫んだくらいであったが、日本で認識したのは幕府天文方の高橋景保たかはしかげやすら一握りの知識人だけといってよかった。 山田風太郎『忍法鞘飛脚』より引用
  • 事件の中心人物となった高橋景保かげやすは、幕府天文方をつとめ、寛政暦を完成して名を挙げた至時よしときの長子として生れ、父と同じく天文方をつとめ、御書物奉行を兼ねた。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫5) 日本男子物語』より引用
  • 次へ »

幕府天文 の使われ方