常行三昧

30 の例文 (0.00 秒)
  • 常行三昧寺は江戸時代、1653年に大井から現在の南品川に移転した。 ...
  • 立派な理由があって常行三昧に入ったのではない。 ...
  • この常行三昧九十日、摩訶止観の教えの全てが実践できたとは思えないが、六割ほどはできたのではないだろうか。 ...
  • ここからこの例時作法自体を「常行三昧」と呼ぶこともある。 ...
  • まったく同じ時期に、二人の男が常行三昧に入るとは比叡山の歴史にもないことで、全山が注視するところとなった。 ...
  • 明治時代にある僧がこれに挑んだが、足が腫れあがって倒れ、一週間後に「常行三昧はしないようにして欲しい」と遺言をして死んだ、と伝えられている。 ...
  • 小林師は、百日回峰はしているが、常行三昧はしていない。 ...
  • 酒井は百日回峰のあと、このにない堂で凄絶な「常行三昧ざんまい」に挑むことになるのだ。 ...
  • 常行三昧とともに天台宗の重要な行とされる法華三昧を修するための堂である法華堂とともに建てられることあり、両堂を廊下で結んで「荷い堂」とも称されることもある。 ...
  • 千日回峰行に挑む前には、明治時代に死者が出て以来中断していた「常行三昧」という厳しい行を達成。 ...
  • 百日回峰も最後の頃になるとさして苦労もなく満行できたし、至難の行といわれた常行三昧もやりとげ、その自信から千日回峰に挑んだ。 ...
  • また宝冠阿弥陀如来というものもあり、こちらは天台宗の常行三昧の本尊として祀られる。 ...
  • 常行三昧堂とは、天台宗において四種三昧のうち常行三昧の行を修するために建てられた仏堂である。 ...
  • 慶寛は、このとき、施無畏せむい寺の東のほとりに一室を構えて常行じようぎよう三昧を修していたが、そのうちにうとうととして夢を見た。 ...
  • 酒井が常行三昧を発願したとき、高川慈照じしようという二十六歳の青年僧が、これもまた同じく常行三昧を発願した。 ...
  • 比叡山では、天台宗の四種三昧の一つである常行三昧に基づく念仏が広まり、諸寺の常行三昧堂を中心にして念仏衆が集まって浄業を修するようになった。 ...
  • 常行三昧堂では、90日間阿弥陀如来の周囲を念仏を唱えつつ、また心に阿弥陀如来を念じながら歩く常行三昧の行を行うことから、常行三昧堂は堂の中心に阿弥陀如来を安置した方形の堂であり、屋根は宝形造が多い。 ...
  • 次へ