常に自分

307 の用例 (0.00 秒)
  • あなたは常に自分のことで一杯で、妻の問題などには手が回らないのよ。 森瑤子『渚のホテルにて』より引用
  • これを使うときは破滅のときだと常に自分にそう言い聞かせてきたのだ。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ05 銀河帝国への野望』より引用
  • リスタート時には常に自分側のエリア内のボールを第一的球にはできません。
  • 忠行が、晴明を常に自分のそばに置くようになったのは、この後である。 夢枕獏『陰陽師』より引用
  • 唯我独尊ゆいがどくそんでもあり、常に自分の都合を最優先させるワガママ女でもある。 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』より引用
  • 何事についても、常に自分はそのような考え方をして来たのである。 井上靖『崖(上)』より引用
  • 変わった男だといわれるのは常に自分だと思ってきたからだ。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • そのためには、常に自分を勝ち戦の立場に置かなければならなかった。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 目の前には常に自分のいる部屋の一部あるいは窓外の景色がある。 湯川秀樹『創造的人間』より引用
  • 相手の顔色窺って、常に自分が我慢している関係なんて、ダチじゃない。 日明恩『埋み火』より引用
  • 祖父譲りの濃い眉の下で、常に自分だけを見つめてきた二つの瞳が揺れていた。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • それでも、空海を常に自分のかたわらに置いて、恵果は、自分の相手をさせた。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ四』より引用
  • 「落下」から常に自分を守ってくれていた爪がもはやないからである。 梶井基次郎『愛撫』より引用
  • 常に自分の行動を正当化する節があり、兄弟を非難する傾向が強い。
  • 僕は常に自分の言葉には責任を持ちたいと思っている。 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』より引用
  • そのころから、彼女は常に自分の職務を責任を持って遂行しようとしていた。 川島誠『もういちど走り出そう』より引用
  • そこでは常に自分たちが文化的に上だと思っている。 呉善花『続 スカートの風』より引用
  • ビーンイーターズがホームで試合を行う時は常に自分の農場で夜を過ごした。
  • 愚か者は常に自分の言ったことに満足し、しかも常に必要以上にしゃべる。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(上)』より引用
  • 信長公が常に自分を見守ってくれていた、ということに感動した。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • 次へ »

常に自分 の使われ方