常に考え

67 の用例 (0.01 秒)
  • そのためには次に必要なものが何かを常に考えて、投資する必要がある。 城山三郎『勝 つ 経 営』より引用
  • 彼の夫人は、自分だけのことしか常に考えていない女性らしかった。 吉川英治『新書太閤記(二)』より引用
  • 確かに彼はジャン・ヴァルジャンを再び法律の下に置こうと常に考えていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • それにつけて自分は後継者という事を常に考えて居る。 高浜虚子『子規居士と余』より引用
  • 丸やは頭が良く、人々の魂の救われる方法を常に考えていた。
  • やはり彼女は彼女なりに、自分の置かれている不思議な状況のことを常に考えているのだなと再認識した。 東野圭吾『秘密』より引用
  • つまり別のものを常に考えていくんです。 大岡信『名句歌ごよみ〔秋〕』より引用
  • これを欲し、これを生もうと、常に考えられていなければならない。 小林秀雄『考えるヒント 2』より引用
  • 地域医療において医師および医療従事者は、地域住民全体の幸福を常に考えながら医療活動を行うことが求められる。
  • 彼が常に考えていたのは、死の解決であった。 豊田穣『ミッドウェー戦記』より引用
  • 指揮官の特権的地位は国家のために存在するのであり、指揮官は部隊と国家の利益を常に考えなければならない。
  • そういうときが到来しても、少しも不思議ではない、と長峰は常に考えているのだ。 勝目梓『炎』より引用
  • かような事を倫理だとか学問だとか申して高等な学校で教えるのは馬鹿げていると私は常に考えております。 与謝野晶子『離婚について』より引用
  • 彼らは、常に考えられているように、三つの道を同じ方向に旅しているのではなくて、実は三つのまったく違う方向に旅しているのではないか。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • 徳は、常に考えられていなければならない。 小林秀雄『考えるヒント 2』より引用
  • 自分が本当に女の子だと思いこむようにして、女の子ならどんな風にうかをつねに考えて行動してきたのだ。 山本弘『サーラの冒険 6 やっぱりヒーローになりたい !』より引用
  • 藤太は常に考えている。 海音寺潮五郎『平将門 下巻』より引用
  • 研究テーマである危機管理に対し1989年に起きた天安門事件で衝撃を受けたことを理由にあげており、それ以降放送作家の仕事を行う中でも常に考えてきたものだと述べている。
  • 男は人と話している最中も、どうやって話に論理的な決着をつけ、どうやって相手を論破するかを常に考えているものだ。 姫野友美『女はなぜ突然怒り出すのか?』より引用
  • 僕は常に考えている。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • 次へ »