常に気

76 の用例 (0.00 秒)
  • そのことは大域解析学の論文を読むときには常に気を付けねばならない。
  • 常に気をつけていなければ簡単に両手の隙間からこぼれ落ちていってしまう。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • 他人からどう見えるか、そして一成にはどう見えるかが、常に気になった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • また他の共和主義者と違い、カトリック教会との関係には常に気を配っていた。
  • しかし一方で、アメリカでも周りの視線は常に気になっていた。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • 家族から一人だけ浮いた存在だっただけに、常に気になる存在だったのでしょう。 高尾学館『天中殺占い』より引用
  • 常に気を抜けない集団授業とは違い、個人指導ではちょっと息抜きをしたかったのだ。 中村航『ぐるぐるまわるすべり台』より引用
  • 一、文士は自分の衣食の方法を常に気にかけていたいものである。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • ホロほど律儀りちぎやつは貸し借りを常に気にする商人にだっていないかもしれない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 彼は、外側の世間の眼というよりも、自分の中にある世間の眼を常に気にしているのである。 川上宗薫『流行作家』より引用
  • 若い娘のほうはともかく、中年男のほうはそこのところを常に気にしている様子がうかがえる。 東海林さだお『東京ブチブチ日記』より引用
  • そのため厩舎スタッフは蹄の状態の管理に常に気を払っていた。
  • マネーゲームだけでなく、これらのパラメータにも常に気を配る必要がある。
  • 考え方とは、銃は本質的に危険であり、常に気を付けて扱わなければならない、ということである。
  • 未だ動かぬレインの存在が、常に気にかかっているせいである。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • 自分と相手のどっちが優れているかを常に気にし、自分がその集団でどの辺に位置するのかを把握しようとしている。 姫野友美『女はなぜ突然怒り出すのか?』より引用
  • だから僕は彼女がくたびれていないか、常に気を配っていた。 小川洋子『沈黙博物館』より引用
  • 視力低下により本人は気付くが、片目での見え方を常に気を使わなければならない。
  • グローバルな企業きぎょうの社員だから、社会情勢には常に気を配らなければならないのかもしれない。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用
  • 雑誌などで今後の展開を予想する企画があれば、その中の意見を重視して今後の展開を作るし、スタッフが電子掲示板の書き込みを常に気にしているそうである。
  • 次へ »

常に気 の使われ方