常に死と隣り合わせ

11 の用例 (0.00 秒)
  • 仕事は常に死と隣り合わせであるため、仕事中に命を落とすものも多い。
  • 常に死と隣り合わせの状況が、本作の恐怖の要素の一つになっている。
  • 彼の人生は常に死と隣り合わせだった。 深草小夜子『悪魔の皇子 アストロッド・サーガ』より引用
  • 最高級の戦闘機に乗り、最前線にいるとはいえ積極的に戦闘に参加することはないにもかかわらず、常に死と隣り合わせであるという感覚が強烈だ。 神林長平『戦闘妖精・雪風(改)』より引用
  • 常に死と隣り合わせだ、というのが切嗣オヤジの言葉だったし。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 宇宙では常に死と隣り合わせだ。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース3』より引用
  • 「決して政治批判ではない」と断わりを入れてはいるが、司馬のソ連に対する印象がここまで悪いのは、かつて満州の戦線にいてソ連軍と対峙し常に死と隣り合わせにあったことや戦後のソ連の日本人捕虜に対する非道な強制労働の記憶があったからだと考えられる。
  • 強制労働の項でるる紹介したように、食料などが絶対的に不足していた当時の状況下では、一部特権者の存在は必然的に弱者を生み、弱者は常に死と隣り合わせにおかれていたのである。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • 目覚めた場所は化け物が徘徊する常に死と隣り合わせの狂気の世界だったが、セバスチャンは戦いながらも状況を理解していく。
  • 作業中には、目の前で地雷が爆発して耳を損傷したほか、アフガニスタンではタリバンに拘束され、銃を突き付けられるなど、常に死と隣り合わせの仕事だった。
  • アイスナーは、さらに、これらユダヤ人たちは、モルダウ河の堤防に背を向けて、「常に死と隣り合わせ」に生きていたと述べる。 カフカ/高橋義孝訳『変身』より引用