常に死

69 の用例 (0.00 秒)
  • 仕事は常に死と隣り合わせであるため、仕事中に命を落とすものも多い。
  • 常に死と隣り合わせの状況が、本作の恐怖の要素の一つになっている。
  • それは常に死を覚悟かくごして生きて来た姿とは言えないだろうか。 三浦綾子『塩狩峠』より引用
  • 残る一万人にしても、常に死の縁に立たされている事に違いはない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • おまえの行くところは常に死の影の谷でなくてはならん。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07b D-北海魔行 下』より引用
  • 母に限らず、信仰者の答は常に死の床で結論がでるような気がしてならないのだ。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • 生の流れの裏側というか、その内容の半分は、常に死の流れである。 秋山駿『人生の検証』より引用
  • 常に死に対する不安と恐怖におびやかされつゞけなければならない。 黒島伝治『反戦文学論』より引用
  • そこは食糧も乏しく村人たちは常に死の恐怖におびえて暮らしていた。
  • 二度と悪がはびこることのないように、二つの国の国民を常に死と同居させたのだ。 児玉ヒロキ『イット』より引用
  • するとルソーは人間や自然を描きながらもそこに常に死との対決があったのだろうか。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • ぼくはぼくの周辺を常に死の色でべったり塗りたくっていなければ生きていくことができないのだ。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • 俺にとっての別れとは常に死だ。 大沢在昌『深夜曲馬団』より引用
  • 少年は常に死の影と共にあった。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • 試合の形式に差はあれど牛は必ず殺されるし、闘牛士も常に死の危険にさらされているからである。
  • 子供の頃から身体が弱く、常に死を身近に感じていたという。
  • 僕はそれを常に死の視点から測量し、常にぎりぎりにまで僕の可能性を試みてみよう。 福永武彦『風土』より引用
  • またハリーに対しては常に死や不幸を見出しており、ハリーは彼女の授業を非常に嫌っている。
  • 先輩が戦うかぎり、常に死の危険性がある。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 精神病は慢性に経過することの多い病気であるから、その経過のすべての期間にわたって常に死の危険があるわけではない。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • 次へ »