常に冷静沈着

19 の用例 (0.00 秒)
  • 常に冷静沈着で、軍人の枠を超えた戦略眼をもっていた。
  • 性格も原作やアニメの明るい印象とは異なり、意地っ張りで常に冷静沈着な性格になっている。
  • 常に冷静沈着で優れた判断力を備えているが、時には怒りのあまり冷静さを失うこともある。
  • また、常に冷静沈着であり自ら得たPKの成功率は抜群である。
  • 常に冷静沈着で、感情を露にすることは少ない。
  • 常に冷静沈着で、仲間であっても丁寧に接し、物静かで感情的になることはほとんどない。
  • クールで寡黙な性格で常に冷静沈着であり、日本代表チーム内では戦略家の面を見せるが、正宗からは暗いと言われている。
  • 常に冷静沈着で知力、体力、精神力すべてにおいてバランスのとれたごきょうやが。 有沢まみず『いぬかみっ!09』より引用
  • ああいう、つねに冷静沈着ちんちゃくで、感情かんじょうあらわにしない女性は、心の中では、時として、とんでもないことを考えているものである。 赤川次郎『泥棒物語』より引用
  • 優秀な工作員として常に冷静沈着であり、表情を変えることは基本的にしない淡泊な態度が目立つが、正義を理解して人として汚れ仕事を嫌う一面もある。
  • 性格は常に冷静沈着で、落ち着いた口調で話す。
  • 常に冷静沈着な性格であり、古風で落ち着いた物言いで話す。
  • 一昨日戦った〈ベヒモス〉が、常に冷静沈着に戦況を分析し、その上で片頬に笑みを浮かべるだけの余裕を見せたように。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • 激高して声を荒げたり、相手の挑発に乗せられ不覚を取るなど、常に冷静沈着だった老人時と比べて感情的になりやすくなり、人間の若者でいう「血気にはやる」面が見られた。
  • 常に冷静沈着なユーリ中尉がからかうように言った。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース4』より引用
  • 性格は常に冷静沈着で、第一部の設定で書かれた『闘の書』では「冷酷」「怜悧」となっていたが、第二部以降の『者の書』では「弟思い」「自己犠牲的」に変更されている。
  • 常に冷静沈着で、ロシア選手独特の体を預けたような形で堅い突きを繰り出し、突き合いから目にもとまらない高速回し蹴りで、相手選手をマットに沈める。
  • マネーの虎では、常に冷静沈着でありながら切れ味の鋭さは「女・貞廣一鑑」の異名を持つ。
  • エキセントリックな信長、軽妙洒脱な人物であったが権力を握るにつれて悪人となってゆく秀吉、常に冷静沈着な家康に仕え、翻弄される一豊を愛敬と度胸、そして知恵で支える千代の夫婦愛を軽妙なタッチで描いた。