常に

全て 副詞
30,654 の用例 (0.02 秒)
  • 何か、常に彼の持っているものを身につけていたいと思ったからなのだ。 久坂葉子『灰色の記憶』より引用
  • 生きられるだけ生きようとする努力が、常に彼等の行動を支配してゐる。 岸田国士『北支物情』より引用
  • 若杉さんの胸には、そうした考慮が常に激しく動いていたらしいのです。 菊池寛『若杉裁判長』より引用
  • いつまでたっても、常にあらゆる可能性が残っているだけの話なのである。 坂口安吾『安吾人生案内』より引用
  • 日本は常に特殊事情が通用する国だからさうとばかりも行かぬやうである。 岸田国士『映画の演劇性』より引用
  • 私は常にそれをちょっとなめさせてもらうだけで一生涯満足せねばならぬ。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 青春時代において恋愛問題が常に頭をいっぱいに占領してはならない。 倉田百三『学生と生活』より引用
  • 犠牲とは常に勇気を必要とするものではないことをも知らてゐた。 岸田国士『泉』より引用
  • 亜米利加に於ける自由獲得の歴史に於ても多数者は常にその障碍しょうがいである。 ゴールドマン・エマ『少数と多数』より引用
  • そして私はこの頃は一つの行為をするときには常にこう思います。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • その道の専門家は機を見て為すべき計画は常に胸中になければならないね。 坂口安吾『安吾の新日本地理』より引用
  • だが僕は、呼吸いきかよっている間は、常に大きな希望を持っているのだ。 海野十三『人造人間殺害事件』より引用
  • ところが世間一般が常に口にするものは、せいぜい五十種か百種であろう。 北大路魯山人『味を知るもの鮮し』より引用
  • 彼の常に云ふ所によれば、象徴派の詩人の作品は甚だ幽幻を極めてゐる。 芥川竜之介『芭蕉雑記』より引用
  • 私はそれが伯父達にかゝらないやうにと常にこまかい注意を払つて居た。 加能作次郎『世の中へ』より引用
  • 私はあらゆる交通機関が持つ形の上の美しさを常に愛している。 小出楢重『大切な雰囲気』より引用
  • ところが黒田のカサ頭は常に心の許しがたい奴だ、と秀吉は人に洩した。 坂口安吾『黒田如水』より引用
  • その後は、寝てもさめても、常にこの金の帽子をいただいておりました。 井上円了『妖怪談』より引用
  • これでは世の中では、女は常にただ一人だけが看板として要求される筈である。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 私はそのなかに自分を勇氣づけて呉れるものを常に感じてゐるのである。 梶井基次郎『『青空』のことなど』より引用
  • 次へ »