帰巣

全て 名詞
53 の例文 (0.00 秒)
  • この事件をきっかけに磁場と鳩の帰巣能力の関係に関する実験が多く行われた。 ...
  • 帰巣本能ってものがあるとすれば、それがわずかに残されていたのかもしれない。 ...
  • その多くが夜行性であり、特に夕方に帰巣する動物を狙って捕食する。 ...
  • そこにも哀れな帰巣の願いに駆られる、一つの存在がいたのを僕は思い出した。 ...
  • 主に帰巣する個体や集団から偶然離れた個体を狙って巣の周囲を滞空飛行していることが多い。 ...
  • 二人で、北の空を見つめながら、レースに参加した鳩の帰巣を鳩舎の傍に坐って待ったこともあった。 ...
  • また、彼はヌリハナバチを用いての帰巣実験も行なっている。 ...
  • 帰巣を果たした一同はウォーターシップ・ダウンで営みを始めた。 ...
  • しかし、その翼の動きからみて、それは夕方の運動をしている町の鳩で、レースに参加した帰巣を急いでいる鳩とは別のものであることはあきらかだった。 ...
  • ウノアシ等に見られるような帰巣行動は見られない。 ...
  • が、それはかれの鳩舎だけではなく、レースに参加した千二百五十三羽の鳩のうち関東北部の飼育者の鳩舎に息も絶えかけた三羽がわずかに帰っただけで、それ以外に帰巣したという連絡はなかった。 ...
  • ニホンミツバチを狩る場合、主に帰巣する個体や集団から偶然離れた個体を狙って巣の周囲を滞空飛行していることが多い。 ...
  • 記録されたルートは、ハッキングプログラムの帰巣《き そう》本能のようなものだ。 ...
  • 帰巣する前のひとときを天吾の部屋の外で過ごすのが、そのカラスの日課になっていた。 ...
  • 鳩舎は、清司の家の南東に位置していて、その鳩舎に帰巣する鳩はかれの視野の範囲外にある。 ...
  • また遅効性であることから、本剤を餌と共に摂食した個体は、致死までに帰巣が可能なことが特徴である。 ...
  • 一刻も早く帰巣するようにしつけられた鳩は、水も餌もとらずにただ南へ南へと飛翔しつづける。 ...
  • 次へ