帰れる

全て 動詞
1,255 の用例 (0.01 秒)
  • ひとりで帰れるというのに、おれが駅まで送るといい張ったせいだった。 馳星周『M(エム)』より引用
  • この「吾等の委員長」が日本に帰れる日はあまり近くはないようである。 戸坂潤『社会時評』より引用
  • どちらが先に東京へ帰れるか競ったところ、鈴木が先に東京へ到着した。
  • こんな様子で家に帰れるのかと尋ねたのだが、巻上は質問に質問で答えた。 牧野修『ファントム・ケーブル』より引用
  • おもだったところで二十人以上の人たちが臨安府へ帰れることになった。 田中芳樹『紅塵』より引用
  • だがパーティーが終わったからといって、すぐには帰れるわけではない。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • どういうふうにして家に帰れるのか、それさえ分らなくなってしまいました。 有島武郎『僕の帽子のお話』より引用
  • 近く帰れるようになるかも知れんという事は葉書で言ってやって置いたが。 太宰治『雀』より引用
  • どうしたら元気な十数名が負傷者をつれてニントウコンに帰れるだろうか。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 帰ってって、あんなものを見せられたあとでそう簡単に帰れるもんか。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • 二か月もすれば日本に帰れると聞いて、矢もたてもたまらなくなったのだ。 三浦綾子『海嶺(中)』より引用
  • 帰れればよい方で、事件発生直後数日間は捜査本部に泊まり込みとなる。 森村誠一『棟居刑事の復讐』より引用
  • その店を出て、もう帰れると思ったら、違う店に向かうことになっていた。 森博嗣『G 07 目薬αで殺菌します』より引用
  • 夫勘平のもとへ帰れるとおかるが喜んでいると、そこに平右衛門が現れる。
  • あんなもんが出るへっついさんの置いたある家へ、わいが帰れるかいな。 笑福亭松鶴『上方落語100選(4)』より引用
  • 玄関で手を振って、笑いながら今夜は早く帰れると思うよってそう言ったの。 五條瑛『冬に来た依頼人』より引用
  • どうしたら帰れるだろう、どうしたらもとの自分に戻ることができるだろう。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 兵士たちが帰るときに、君も一緒に日本へ帰れるようにしてやるよ。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • 自転車屋さんとは目と鼻の先であるここにいれば、いつかは帰れる。 今野緒雪『マリア様がみてる 24 仮面のアクトレス』より引用
  • 脳障害の息子ケンが施設に入ってから初めて家に連れて帰れる週末である。 米谷ふみ子『過越しの祭』より引用
  • 次へ »