帝国国策遂行要領

全て 名詞
55 の例文 (0.00 秒)
  • 近衛首相をはじめとする各責任者の説明は『帝国国策遂行要領』を決定へ導くための各立場での説明に過ぎない。 ...
  • 「帝国国策遂行要領」は、「対米開戦」を決意する方針を定めているが、戦争を決意するのは戦争遂行に自信があってのはずである。 ...
  • 鳥居は、軍令部総長の異例の訪問は帝国国策遂行要領から対米戦決意の文字を抹消するため、内大臣の協力を求めたのではないかと推察している。 ...
  • 後を継いだ東條英機内閣は11月1日の大本営政府連絡会議で帝国国策遂行要領を決定。
  • 天皇は、この前日に近衛文麿首相から帝国国策遂行要領の内奏を受けており、このとき天皇の回想と同様の発言があったと、近衛文麿側の手記にも記録がある。 ...
  • 「帝国国策遂行要領」は、それまで陸海軍当局で討議されてきた陸海軍案をまとめたもので、主文は次の三項であった。 ...
  • 近衛は、国家が開戦へ向って大きく踏み出すことになる『帝国国策遂行要領』の決定を、さほど重大には考えなかったように見える。 ...
  • 「帝国国策遂行要領」は、戦争決意の決定ではない。 ...
  • 前年の昭和十六年九月六日、御前会議は「帝国国策遂行要領」を正式に決定した。 ...
  • 天皇は「帝国国策遂行要領」に反対なのだ。 ...
  • もうひとつの時間の脅威は、近衛首相とグルー大使が密談した日に決まった「帝国国策遂行要領」がもたらしている。 ...
  • なお、「帝国国策遂行要領」には、別紙として、「対米交渉に於て帝国の達成すべき最小限度の要求事項」がつけられていた。 ...
  • だが、東條は昭和天皇の眼前で、自らも参加して決定した帝国国策遂行要領を覆すことは不忠にあたるとの信念から、実際には白紙化は行われず、再検討という名目で、そのまま方針が引き継がれることとなった。
  • この会議で政府、統帥部は、もはや日米交渉の打開は絶望で、十一月五日の「帝国国策遂行要領」によって行動することを決めた。 ...
  • これをうけて9月3日には御前会議で「対米戦争を辞せざる決意」を含む「帝国国策遂行要領」が決定され、1941年10月末を目処とした開戦準備が決定された。 ...
  • すでに十一月五日の新「帝国国策遂行要領」に応じて、陸海軍は戦争発起態勢に移行しはじめている。 ...
  • 同年9月6日御前会議でイギリスやオランダ、アメリカが支配する南方へ向かう「帝国国策遂行要領」が決定され、南進論が正式に国策とされた。 ...
  • 次へ