帆船

全て 名詞
2,399 の例文 (0.01 秒)
  • そんなときに乗っていると、まるで水上を走る帆船に乗っているようだ。 ...
  • 江戸時代のこの地域は尾張藩領であり、帆船による交通の中心地だった。 ...
  • 空を往く大帆船のような二つの雲の間に、明るい星がともったのである。 ...
  • これは、海軍が練習用として帆船を運用する少ない例のひとつである。 ...
  • 翼が風に流され着いたのは、帆船が遠くに見える小さな島の砂浜だった。 ...
  • 昼間以外は、大きな帆船車はあまり近くまで近づけないっていうことよ。 ...
  • オランダにいるときは、彼は家族といっしょに帆船のなかで暮らしている。 ...
  • バスケスには緑か赤の燈火しか見えなかったから、あの船は帆船なのだ。 ...
  • だが帆船というやつはどういうことになるかわからないものである。 ...
  • この時期によって一定の方向へ向かう風と海流は帆船の航行に向いていた。 ...
  • 六隻の帆船が、海上から音もなく近づいてくるのを、景虎は知っていた。 ...
  • 先生はこんどのふねたびのために、一そうの小型こがた帆船はんせんいました。 ...
  • 話に聞くと、息子はカメロンの帆船スクーナーのどれかに乗り組んでいるそうです。 ...
  • かれは、宗教的な名称をおびた大昔の帆船のほとんどをそらんじていた。 ...
  • 帆船ということになれば、風と対抗できる機関など備わっていないわけだ。 ...
  • 没落する帆船業者の悲鳴的利害をその基礎にもっていたからであった。 ...
  • そのためこの航路においては蒸気船よりも帆船のほうが主流であった。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:帆船