市坂本

27 の用例 (0.00 秒)
  • その後、亡骸は長崎市坂本町にある国際外人墓地に緑夫人と共に葬られた。
  • 八代市坂本町中谷いから坂本町深水ろまでは未開通区間となっている。
  • 段駅は、熊本県八代市坂本町西部段にある、九州旅客鉄道肥薩線の駅である。
  • 龍眠寺は山号を平等山と称し焼津市坂本の曹洞宗林叟院の末寺である。
  • 道の駅坂本は、熊本県八代市坂本町荒瀬にある道の駅である。
  • 長崎大学熱帯医学研究所は長崎県長崎市坂本にある熱帯医学の研究を主眼とした長崎大学の医学研究所である。
  • 兵庫県道717号一乗寺法華口線は加西市坂本町から加古川市志方町畑を結ぶ一般県道である。
  • 鮎帰バスストップは、熊本県八代市坂本町の九州自動車道上にある高速バス専用のバス停留所である。
  • 滋賀院は、滋賀県大津市坂本にある天台宗の寺院で比叡山延暦寺の本坊である。
  • 西郡は現在の蒲郡市に含まれる地域で、西郡道は岡崎市山綱町から蒲郡市坂本町の山を峠越えするルートである。
  • 比叡山東麓の大津市坂本地区の北方にあり、比叡山三塔の一つである横川への登り口に位置する。
  • 滋賀県大津市坂本に鎮座する日吉大社を本社としている。
  • 葉木駅は、熊本県八代市坂本町葉木にある、九州旅客鉄道肥薩線の駅である。
  • 鎌瀬駅は、熊本県八代市坂本町鎌瀬にある、九州旅客鉄道肥薩線の駅である。
  • 球磨川は先に述べたとおり水力発電には絶好の条件を備えた河川であり、球磨川本流にはすでに市房ダムや幸野ダムに加え、最下流の八代市坂本に熊本県企業局が荒瀬ダムを1955年に完成させ、電源開発も瀬戸石ダムを1958年に完成させていた。
  • 観音寺市における海防団の名称は海防団の設置等に関する条例によって、観音寺市海防団とされ、その位置を香川県観音寺市坂本町一丁目1番1号と定められている。
  • 日吉神社は、滋賀県大津市坂本にある山王総本宮日吉大社を勧請して日本各地に建立された神社である。
  • 比叡山坂本駅は、滋賀県大津市坂本三丁目にある、西日本旅客鉄道湖西線の駅である。
  • 熊本県道17号坂本人吉線は、熊本県八代市坂本町荒瀬から、人吉市に至る主要地方道である。
  • 坂本駅は、熊本県八代市坂本町坂本松崎にある、九州旅客鉄道肥薩線の駅である。
  • 次へ »

市坂本 の使われ方