已に述べ

11 の用例 (0.00 秒)
  • 処で已に述べた処に基いて、この事態は空間概念のかの存在性である外はなかった。 戸坂潤『空間概念の分析』より引用
  • 已に述べたように直観には一般に直観するものの方面と直観されるものの方面とが備わっていなければならぬ。 戸坂潤『物理的空間の成立まで』より引用
  • 已に述べた如く、支那の禮儀道徳は、家族主義を基礎として、孝道を第一とする。 桑原隲蔵『支那の孝道殊に法律上より観たる支那の孝道』より引用
  • のみならず、最初の物質に就いて云うならば、已に述べておいた通り、もし吾々の理解に従うならば、物質こそすでに空間概念に含まれた一つの特徴であるに外ならなかった。 戸坂潤『性格としての空間』より引用
  • アラブ人は已に述べた通り、唐の中世以後南洋を經て、盛んに支那に通商を營んだ。 桑原隲蔵『蒲寿庚の事蹟』より引用
  • 已に述べた如く、唐宋時代から、否その以前から支那と南海諸國間との通商は盛んに行はれて居つた。 桑原隲蔵『蒲寿庚の事蹟』より引用
  • 上已に述べたが如く囘暦は支那暦に比して百年毎に約三年の相違を生ずる故、二十三年の相違を生ずるには、少くも囘暦で七百七十年の年月を經過せねばならぬ。 桑原隲蔵『創建清真寺碑』より引用
  • 春秋戰國時代から、この風習の存在したことは、已に述べて置いたから、茲に繰り返さぬ。 桑原隲蔵『支那人間に於ける食人肉の風習』より引用
  • 西安の古碑といふのは即ち斯に紹介する創建清眞寺碑であるが、是は已に述べたるが如く廣東の遺蹟ほど廣く知られて居らぬ。 桑原隲蔵『創建清真寺碑』より引用
  • ヤスダラひめ入那いるなくにのセーランわう従妹いとこあた刹帝利せつていりうまれで、セーランわう許嫁いひなづけであつたこと前節已ぜんせつすでべたとほりである。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 41 20080623』より引用
  • 即ち父母の喪中にあつて妻を迎へる者は、徒三年に處せられ、且つ上に已に述べたる如く、十惡中の不孝に當る非行として取扱はれる。 桑原隲蔵『支那の孝道殊に法律上より観たる支那の孝道』より引用