差し込む

全て 動詞
1,116 の用例 (0.01 秒)
  • 通りに面して開いている二つの窓から陽光がいっぱいに差し込んでいる。 シムノン/長島良三訳『メグレと宝石泥棒』より引用
  • 何か口に入れると、すぐに下腹に差し込む痛みが走るような状態だった。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 鍵を手に取ったが、手は震えて鍵を鍵穴に差し込むことすらできなかった。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • エルガーはそれにこの謎めいた文字を書いた紙片を差し込んだのである。
  • ただ待っているだけでは、光は差し込まないと知っていたはずなのに。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 07 黒いユニコーン』より引用
  • 薔薇ばらの館の一階にある部屋は、広さはあるが、があまり差し込まない。 今野緒雪『マリア様がみてる 32 卒業前小景』より引用
  • 鍵穴に鍵を差し込むだけで解決する心地良さだって多数存在するのである。 西尾維新『ニンギョウがニンギョウ』より引用
  • どうせカーテンを開いたところで太陽の光が差し込むわけでもないのだし。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第10巻』より引用
  • なお差し込まれるという側であることから、動的な側としても扱われる。
  • カーテンがついていないので、どの部屋にも、朝の光が差し込んでいた。 西村京太郎『恐怖の金曜日』より引用
  • 窓からは秋の陽射しが差し込んでいて、ここは紛れもなく自分の部屋だ。 奈須きのこ『月姫 温かな午睡(秋葉・トゥルーエンド)』より引用
  • 耳孔に差し込んだイヤホンから聞こえてきたのは予想外の言葉であった。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • 隙間から差し込む細い光の中で顔を強張らせ、息を殺して動きを止める。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第08巻』より引用
  • 出来上がった頃には窓からニューヨークの朝の光が差し込んだことだろう。 北川悦吏子『おんぶにだっこ』より引用
  • やがて外の様子をうかがってしまうと、彼は鍵を錠前の中に差し込んだ。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 差し込む陽射しは白く、一点の汚れもなく彼女と道場を一つにしている。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • すでに本日の営業を終えた食堂には、窓から夕日が差し込んできている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • 自宅ドアの鍵穴にキーを差し込んだそのとき、背後から手首を掴まれた。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 西からの日差しが差し込む教室に一人残った肩は、どこか寂しげだった。 今野緒雪『マリア様がみてる 08 いとしき歳月(後編)』より引用
  • 槍状の刃の下部が袋状になっていて、そこに柄を差し込んで使用する。
  • 次へ »