差し切り勝ち

26 の用例 (0.00 秒)
  • 距離が大きく伸びたこともあり差し切り勝ち。
  • しかしレースでは低評価を覆す差し切り勝ちを収め、重賞及びG1競走初勝利を挙げた。
  • このレースでは53キロの軽ハンデを生かして差し切り勝ちを収め、重賞初制覇となった。
  • 条件戦を連勝後臨んだ中日新聞杯で鮮やかな差し切り勝ちを収め、重賞タイトルを獲得した。
  • しかしレースになると、重馬場で行われた中で最後方からの差し切り勝ちを収め、移籍初戦での重賞制覇を果たす。
  • そして4歳の初戦京都記念では武豊を鞍上に迎え、コースの大外を強襲し差し切り勝ちを収めた。
  • 結果は、3番人気であったが鮮やかに差し切り勝ち。
  • 明けて2001年のシルクロードステークスも馬群を縫うようにしてゴール手前で差し切り勝ち。
  • レースはゴール前で先行逃げ切りを図らんとするエスポワールシチーを捉えて差し切り勝ち、重賞3勝目を挙げた。
  • 元々は松元が管理していたトウカイマーべラスの騎乗を依頼した際、先行型だった同馬を一転、最後方からの競馬で差し切り勝ちを収めたことにある。
  • スタートで出遅れ、第3コーナーでも最後方という苦しい展開ながら、直線では大外から鮮やかな末脚を見せての差し切り勝ちを収めた。
  • 太目残りながら直線だけで差し切り勝ちをし、2戦目の4月4日阪神競馬場の3歳500万条件戦も連勝した。
  • 続く中京記念でも直線一気の差し切り勝ちで優勝、前走から騎乗を務めた高倉稜騎手共々初の重賞タイトルを獲得している。
  • しかし2008年初戦の京都牝馬ステークスで差し切り勝ちを収め、1年2ヶ月振りに重賞4勝目をあげた。
  • しかし、京都新聞杯では6番人気ながら鮮やかな差し切り勝ちで、重賞2勝目を挙げると共に父ダンスインザダークとの同レース親子制覇も果たした。
  • 地元大井のフロンティアスプリント盃では久々の短距離戦でもあったが、逃げずに差し切り勝ちを収める。
  • 中山のジャニュアリーステークスで始動するも3着、その後勝ちきれないレースが続いたが5月の栗東ステークスで差し切り勝ちを決めオープンクラス初勝利をおさめた。
  • しかしレースでは、スタートで出遅れながらも直線でそれを挽回する末脚を繰り出し、バンブーメモリーに1馬身以上の差をつける差し切り勝ちでGI優勝を果たした。
  • 勢いに乗って春のスプリント王を決める一戦・高松宮記念を迎えた同馬は、ダイタクヤマトやブラックホークらを抑えて単勝1番人気に支持され、前年9着の雪辱を果たして差し切り勝ち。
  • 例えば、マイル戦にスプリンターを1頭出走させ、他馬を引きつけてバテさせ、僚馬を差し切り勝ちさせる等である。
  • 次へ »