差し出がましい

全て 形容詞
50 の用例 (0.00 秒)
  • カミーユは言ってしまって、差し出がましいことを言ったと後悔をした。 富野由悠季『Zガンダム 星を継ぐ者』より引用
  • 差し出がましいようですが、作戦の話はしないでいいんでしょうか? 榊涼介『ガンパレード・マーチ 13 山口防衛戦2』より引用
  • 妙だと思いましたが、使用人の身で差し出がましいことも言えません。 赤川次郎『死者は空中を歩く』より引用
  • これ以上捜査官が差し出がましく、犯人に指図する権利はないと思います。 つかこうへい『小説熱海殺人事件』より引用
  • 言いながら、自分はいつからこんなに差し出がましい人間になったのだろうと思った。 上遠野浩平『わたしは虚夢を月に聴く 校正06 03 15』より引用
  • 差し出がましいかもしれないが、よかったら説明してくれないか? 友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 眠り姫は夢を見ない』より引用
  • 幹部のなかには差し出がましいと思うものもあった。 ドイル/延原謙訳『恐怖の谷』より引用
  • 他人の芸に差し出がましい口を挟むのは、最大の無礼になると心得ていた。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • 少しも差し出がましいことはしないようにするよ。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • と関羽は思ったが、一度決めたことを途中で翻すような差し出がましい口はたたかぬ。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • 秘書の原田がここまで立ち入って話すのは、差し出がましいことでもある。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 上』より引用
  • 伊藤長官は、差し出がましいことは言わず、常にニコニコしておられた印象が強い。 吉田満・原勝洋『ドキュメント戦艦大和』より引用
  • 差し出がましいようだけど、この街を出ることは考えた? 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 差し出がましいようですが、一度その方面の専門家の方に、ご相談になってみてはいかがでしょう? 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • へたに才覚を働かして、なんという差し出がましいことをしたことか! 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • 浅見としては捜査対象の中に美瀬島みせしまを加えてみたらどうかと提案したいところだったが、そこまで差し出がましくはできない。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)下』より引用
  • 差し出がましいようですが、よろしければ、頭痛のお薬でもお出ししましょうか? ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • 七家でもない私が差し出がましいかとも思ったのですが、事情がおありなら、私が秀くんの後見についてもいいと思ったんです。 雪乃紗衣『彩雲国物語 02 黄金の約束』より引用
  • 他の生徒の手前、弁当を渡すのは差し出がましい気がしたが、頭のいい彼は哲朗の顔を立ててくれた。 初野晴『水の時計』より引用
  • 差し出がましいかもしれませんが、警部、あの手伝いの少年を逮捕した方がよろしい。 三上於菟吉『患者兼同居人』より引用
  • 次へ »