左馬介光

17 の例文 (0.00 秒)
  • 左馬介光春は、ものいう口を忘れたかのように、いつまでも、答えない。 ...
  • 左馬介さまのすけ光春が亀山へ来て、合したのは三十日であった。 ...
  • もちろんここには左馬介光春の妻子もいる。 ...
  • 左馬介光春はふと眼をさました。 ...
  • 光秀の心事を解するに全くくらい左馬介光春でもなかった。 ...
  • そしてその波紋の中に浮きつ沈みつ見える白い陣羽織こそ、彼らがさっきから手につばして求めていた左馬介光春のそれに違いなかった。 ...
  • それはむしろ左馬介光春にはうれしいことであった。 ...
  • 「あれが左馬介光春か」 堀秀政は指さしていた。 ...
  • 光秀の女聟むすめむこで、斎藤におとりなく光秀の信任している左馬介さまのすけ光春は安土城にいるという。 ...
  • かくいうは、守将の左馬介光春でござる。
  • 「今暁からお待ち申しておりました」 城門へ出て迎えていた従兄弟いとこの左馬介光春は、そこに数多あまた並んでいた諸士をうしろに数歩出て、まず礼を行い、そこから先導して大玄関へ入った。 ...
  • 左馬介光春は、城頭から見送っていた。 ...
  • 十六、初めて加冠かかんして、十兵衛光秀と彼が名乗った頃、左馬介光春はまだ九歳ぐらいで、名も弥平次とよばれ、元服の席のもようを珍しげに、母のそばから眺めていたものであった。 ...
  • けれど、今日以前のことは、改めて告げるまでもなく、主人の光秀とはほとんど一心同体といってもさしつかえない一族中での一族、左馬介光春が知っていないはずはないので、政孝も源右衛門もえてよけいな言は吐かなかったのである。
  • 霜鬢そうびん白き斎藤内蔵助くらのすけおもて、ほとんど仮面かとも見えるほど悲壮な気稟きひんをおびている左馬介光春さまのすけみつはるの顔。 ...
  • 「近くの民家をつぶして、すぐけ渡せ」 馬上の左馬介光春のおもてには、何のうろたえも見えない。 ...