左に傾き

33 の用例 (0.00 秒)
  • 逆に針が左に傾いていると低く、右に傾いていると高い事を示している。
  • ここで描かれた連作の特徴は、右か左に傾いていることであった。
  • 車体が大きく左にかたむき、マオは助手席の窓に頭をごつりとぶつけてしまう。 賀東招二『フルメタル・パニック!04 終わるデイ・バイ・デイ(上)』より引用
  • かすかに左に傾いた頭は少しでも動かすと肩の上に落ちて自力では戻せなかった。 竹下節子『パリのマリア』より引用
  • 左に傾きながらも二番機はゆっくりと身を起こす。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 03 5121小隊 決戦前夜』より引用
  • まだ顔はどれも真正面を向いておらず、右か左に傾いていた。
  • 女の顔は左に傾いて細かい数多たくさんある頭の毛が重そうに見えた。 田中貢太郎『水郷異聞』より引用
  • 物語のつづきを考えているのか頭がわずかに左に傾いた。 柳美里『タイル』より引用
  • 飛行機が左に傾き、エンジンの音が急に変わった時、ようやく私はわれに帰って窓から外を見た。 イネス/池央耿訳『怒りの山』より引用
  • 次に観測してみると、輸送船は左に傾いているように見え、続いて3回の爆発音が聞こえた。
  • ついに、二発の砲丸が命中し、帆柱は飛ばされ、船は大きく左に傾いた。 塩野七生『コンスタンティノープルの陥落』より引用
  • やがて機体はぐらりと左に傾き、そのまま旋回してコースを変えた。 乾くるみ『リピート』より引用
  • ふる里の空のなつかしきは、峰の松の左に傾きて枝を垂れたる姿なり。 泉鏡花『照葉狂言』より引用
  • 艦が左に傾いているためカラカラと音をたてたが、畑中は傾斜に気づかなかった。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』より引用
  • 女の首は左に傾いて細かい沢山ある頭の毛が重さうに見えた。 田中貢太郎『水郷異聞』より引用
  • 椅子に腰かけた彼女の体は、ゆっくりだが、左に傾いたり、右にゆれたりした。 松本清張『波の塔(上)』より引用
  • 梳櫛が左耳のきわにかかると五兵衛の首は心持ち右に傾き、右の耳に行くと今度は左に傾いた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • みんなホームの側の窓に顔を近づけようとするから、反対側の席は空間が出来、車両が左に傾きそうである。 宮脇俊三『汽車旅12カ月』より引用
  • 頭は、がっくりと左にかたむき、素通しの例の眼鏡めがねは、ゆかに落ちていた。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • もし不用意に触れたなら折れてしまいそうな彼女の細い首を支柱として、彼女の形の良い頭が二〇度ほど左に傾く。 川島誠『もういちど走り出そう』より引用
  • 次へ »