左にハンドルを切り

19 の用例 (0.00 秒)
  • ところが気がつくと深春は大きく左にハンドルを切っている。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • すぐ近くの青山通りを左にハンドルを切って渋谷のほうに走らせる。 大藪春彦『戦いの肖像』より引用
  • 左にハンドルを切って、エディ街にまがろうとしているところだった。 ハメット/砧一郎訳『コンティネンタル・オプ』より引用
  • 朝倉は中原街道に車を戻し、左にハンドルを切って丸子橋を渡った。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • エイプリルは左にハンドルを切り、スピードを緩めずに城門を抜けた。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • あれもさ、右に倒れそうだから、左にハンドルを切ってとかいちいち考えないじゃない。 大野木寛『ラーゼフォン第02巻』より引用
  • 兄貴が静かにスピードを落としながら、左にハンドルを切った。 日明恩『埋み火』より引用
  • そのまま左にハンドルを切り、晴香が乗る車の後ろに付けた。 神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』より引用
  • 綸太郎は返事をしないで車を出したが、小山交差点に差しかかったところで左にハンドルを切った。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』より引用
  • 左にハンドルを切りながら、火村は言った。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • 僕は左にハンドルを切り走行車線を走った。 尾崎豊『普通の愛』より引用
  • 藤田はつぶやきを声に出して、大きく、左にハンドルを切った。 津村秀介『湖畔の殺人』より引用
  • 基地の金網が途切とぎれたあたりで、ハンドルを握る若林は左にハンドルを切った。 大藪春彦『唇に微笑心に拳銃 前・後編』より引用
  • 橋の下流で一本になる谷地川の上流の一本を渡って左にハンドルを切り、ちょっとした丘陵を登る。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第二部』より引用
  • 五十キロまでスピードが落ちたとき、若林は左にハンドルを切ってバス・ストップにオースチンを突っこませた。 大藪春彦『唇に微笑心に拳銃 前・後編』より引用
  • 新城は左にハンドルを切り、工場に近づいた。 大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第二部』より引用
  • 恵美子は急激にスピードを殺し、左にハンドルを切って、ホテルにつながる私道をゆっくり走らせた。 大藪春彦『非情の女豹』より引用
  • 邦彦はクラッチを踏みこみ、左にハンドルを切った。 大藪春彦『野獣死すべし』より引用
  • ハインツはグッとアクセルを踏みこむと、左にハンドルを切ってジョーダン・ロードに曲がった。 つかこうへい『愛人刑事』より引用