巣ごもる

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 相手の石を取る手筋の例として「鶴の巣ごもり」と呼ばれる手がある。 ...
  • あなたたちのごもりのしまが、いつまでも、あなたたちのものでありますように。
  • 獣の巣ごもりに近いそういう男女の結合の形でも、やはり人間には互の好きさが大きい役割をもっていた。 ...
  • 巣ごもり中の雌鶏めんどりひよっ子をつれてパン屑をつっつきに入って来る。 ...
  • しかし、ごもる時期じきがすぎたら、すぐおしえにきてくれ。 ...
  • そうしてあなたの満たされなかった日々の吐息は、秋の正午のぬくやかな静謐の中に巣ごもっていた。 ...
  • 一週間ほどしたら、鶏のほうを巣ごもりさせます。 ...
  • 巣ごもりの山鳩やまばとがおどろいて飛び立ったほどのけたたましい笑い声である。 ...
  • 生活の必要につれてどんどん家を掌握する気分よりも、一般が家を固定の方向に、巣ごもり風に、感受して行く空気なので、沈潜と定着との間、微妙なものがあります。 ...
  • 「風知草」の抒情性には、平穏に巣ごもった男女の恋着のなま暖かさはない。 ...
  • オリジナルのオヴィラプトルの標本と同型の卵と共に巣ごもりをしているシチパチの標本が発見されたことで、卵が実際にはプロトケラトプスではなくオヴィラプトルのものであること、タイプ標本が卵を食べていたのではなく孵化させていた可能性が高いことが示された。 ...
  • そうして畑には麦が延びて、巣ごもりをしているうずら達が、いうところのヒヒ鳴きを立てている。 ...
  • とうとうわたしは、もしじぶんがごもりするつもりなら、まずをつくる仕事しごとからわたしの話し相手あいてをしめ出してしまわねばならないと決心けっしんしました。 ...
  • ラブバードは巣ごもりの好きな鳥として悪名高い。 ...
  • 夜の鶴は巣ごもりして一心に子をはぐくむという中国伝来の観念が背景にあると思われるが、母情に国の違いはない。 ...
  • そして、ロージー小母おばさんは、カナリアについてくわしいことは知らなかったかもしれませんが、わたしがごもっているあいだは、しずかにやすらかにしておかなくてはいけない、という程度ていどのことは知っていました。 ...
  • しかし彼女はなんとかして、何も飲まず喰わずの巣ごもりの親鶏に、何かやりたくてたまらなかった。 ...