州民兵隊

65 の用例 (0.00 秒)
  • 州民兵隊の正式な指揮官をしていたときの部下の多くが付き従った。
  • この名誉昇進によってハリソンが戦争で州民兵隊を指揮することを保証した。
  • この議員と同時期に州民兵隊にも仕え続けていた。
  • 一方でこの最新のミズーリ州民兵隊が戦場に出る用意ができるまでに数週間があるだけだった。
  • 知事は執行権限を与えられ準州における連邦政府の象徴として勤め、準州民兵隊と準州内連邦軍の総司令官だった。
  • デシェイは少将に任官され、ケンタッキー州民兵隊第2師団長となった。
  • ケンタッキー州民兵隊に参加し、政治に関わるようになってからも軍務を続けた。
  • ニューブランズウィック州民兵隊長はメイン側によって拘束された。
  • クリッテンデンは1860年以来ケンタッキー州民兵隊の少将であった。
  • すなわち、アメリカ連合国陸軍、暫定アメリカ連合国陸軍および様々な南部州民兵隊だった。
  • 南北戦争が始まった時までに、ジャックマンはミズーリ州民兵隊の大尉になっていた。
  • イギリス軍は6ポンド砲1門を捕獲し、ニューヨーク州民兵隊の連隊旗を手に入れた。
  • イリノイ州民兵隊では当初少佐で、1857年には大佐と総務部長として仕えた。
  • アデアの提案でその部隊は予備隊とされ、ウィリアム・キャロルが指揮するテネシー州民兵隊の中央背後に配置された。
  • 南北戦争の開始時点でマサチューセッツ州民兵隊は組織がしっかりしており、装備も良いという認識がその指名決定において重要な役割を果たしており、バンクスは総務局長にも検討された。
  • 父は渡し船を運航し、テネシー州民兵隊の騎兵士官も務めていた。
  • 州民兵隊の分遣隊が町に派遣された。
  • マディソンは北西インディアン戦争のときにケンタッキー州民兵隊に加入した。
  • 派遣された州兵を補うために、ジェイムズ・P・グッドリッチ州知事は、大半は年齢制限のために資格のない者から州民兵隊を起こすことを承認した。
  • バーの陰謀から生じる恐れのある脅威から州を守るためにオハイオ川沿いにケンタッキー州民兵隊を配置したが、1807年までにその脅威は消失した。
  • 次へ »