川島慶三

全て 名詞
27 の例文 (0.00 秒)
  • 当初は7番だったが、川島慶三の不振で7月からは2番に定着した。 ...
  • は、開幕一軍はならなかったが、川島慶三の負傷離脱により4月6日に一軍昇格。
  • その後投手の補充によって9月10日に再び抹消されるが、この後今度は川島慶三の怪我による離脱などもあって9月25日に再々登録される。
  • 実弟である川島慶三は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手。 ...
  • からチームに同姓の川島慶三が移籍してきたことにより、スコアボード表記や場内アナウンスがフルネームとなる。 ...
  • 結局開幕一軍入りは果たせなかったが、教育リーグを経て4月4日に川島慶三と入れ替えで、初めて昇格した。 ...
  • この年はシーズン序盤で正二塁手の本多が離脱したため、明石健志や川島慶三と二塁の座を争い、6月7日の読売ジャイアンツ戦でプロ初本塁打を記録するなど前半戦は準レギュラーとして活躍。 ...
  • は田中浩康の台頭や、日本ハムから移籍してきた川島慶三が頭角を現したこともあり出場が激減、前半戦は主に畠山和洋の守備固めで出場した。
  • その後は不振に陥りレギュラー落ちしたアーロン・ガイエルの代わりにライトに回った福地の代わりのレフトとして川島慶三や武内晋一と併用されていたが、6月後半から息を吹き返して7番に復帰。 ...
  • しかし、正二塁手の本多が早々に戦線を離脱したことから、高田知季・川島慶三などと正二塁手の座を争った。 ...
  • この年のチームは当初、新外国人のホセ・マシーアスを二塁手として予定していたが結果を残せなかったため、マシーアスや木元邦之、川島慶三らとのポジション争いを演じた後、田中が5月上旬から二塁手に、同月下旬から二番打者としてレギュラーに定着。 ...
  • 川島慶三にセンター前ヒットを打たれてノーヒットノーランは逃したが、その1安打のみで移籍後初の完封勝利をあげ、自身初の開幕6連勝を記録した。 ...
  • 日本シリーズでは右翼手として全試合フルイニング出場を果たしたが、第6戦の延長11回裏に、2死1・2塁から川島慶三が放ったゴロを前進守備で処理した後に本塁へ悪送球。 ...
  • は開幕を二軍で迎えたが、川島慶三の故障やアダム・リグスの不振もあって4月8日に昇格すると、4月15日の対横浜戦で本塁打を放ち、5月18日の対阪神戦ではアーロン・ガイエルに代わって初めて4番・三塁手で出場し、シーズン終盤まで4番打者として出場。 ...
  • 空いた三塁にはチームリーダーで名手の宮本慎也がコンバートされ、遊撃には宮本の後継者として期待する川島慶三が積極的に試用された。 ...
  • 年明けには藤井秀悟を交換要員とする3対3のトレードを日本ハムと行い、押本健彦、川島慶三らを獲得した。 ...
  • シーズンオフに国内FA権を行使し、川島慶三の故障などで内野手が手薄になっていたヤクルトと、11月24日に2年契約の総額1億円で入団に合意し、30日に正式契約を結んだ。 ...
  • 次へ