川喜多

49 の用例 (0.00 秒)
  • 今日も川喜多一族の名は財団法人『』として映画界に燦然と輝いている。
  • 陸軍大尉川喜多大治郎と妻こうの次男として東京で生まれる。
  • 東和の川喜多長政社長と『二つの世界の男』の字幕を検討したことがあった。 清水俊二『映画字幕の作り方教えます』より引用
  • 「とにかく、あれだけの人物はなかなかいない」と、川喜多は甘粕を語る。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 川喜多は1939年、上海の映画会社を併合し、中華電影を設立した。
  • 川喜多かしこさんは、仮死状態で生まれたので、こういう名前がついたといっている。 戸板康二『ちょっといい話』より引用
  • 川喜多社長はスーパー字幕に関心を持っていたようだが、すすんで口を出すことはめったになかった。 清水俊二『映画字幕の作り方教えます』より引用
  • 彦根藩士川喜多氏に依ったことから喜多川を姓とし、宗典と名乗った。
  • 戦後、映画文化最大の保護者となる川喜多一家との交流は著作「映画が若かったとき」に詳しい。
  • このときは川喜多和子さんと一対一で字幕原稿を検討した。 清水俊二『映画字幕の作り方教えます』より引用
  • 上海では1910年代より中国映画の製作地としてその名が知られており、1937年に日本による占領が始まると、日本軍はその映画管理を川喜多長政に要請した。
  • 同法人は、日本映画の芸術文化の発展に甚大なる功績を残した映画人等に対して毎年「川喜多賞」を贈り表彰していることで有名である。
  • 川喜多長政は「甘粕は、疑問や矛盾を切り捨てることのできる男だった」と語る。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 伯母は女優の影万里江、義理の伯父に元俳優の川喜多雄二がいる。
  • 川喜多記念映画文化財団に脚本が現存するが、ネガ原版・上映用プリントは現存していない。
  • ベルリンが東と西に分かれている事情がよくわかっていないころで、川喜多社長の助言が字幕づくりに大いに役に立った。 清水俊二『映画字幕の作り方教えます』より引用
  • 川喜多賞とは、長年の努力により日本映画の芸術文化の発展に甚大なる功績を残した個人・団体に対して、今後の芸術文化への貢献を期待する意味も込めて公益財団法人川喜多記念映画文化財団から贈られる賞である。
  • 土地は川喜多家が市に寄付し、市が5億円をかけて記念館を設立、毎年約3000万円の運営費を市が支払い、川喜多財団が運営している。
  • 東和映画の川喜多長政がヨーロッパ映画の輸入を始めたころ、たまたまベルリンにいて、そのころの東和の作品のほとんどを手がけている。 清水俊二『映画字幕の作り方教えます』より引用
  • 川喜多は経営の実権を持ち、当初は既成の上海映画に勝る製作ができるわけがないとして、配給事業に徹するつもりであったという。
  • 次へ »