川口工業高校

30 の例文 (0.03 秒)
  • こうして魚を持っていくたびに、川口は、だんだんへんな気がしてきた。 ...
  • そこの息子は中学のときの同級生で、今は市内の工業高校に行っていた。 ...
  • 二人とも地元の工業高校でトップを争ったというだけのことはある。 ...
  • 川口の中心街を構成していた町々が合併し成立したことからこの名が付いた。 ...
  • その杖の頂端を取り、わが高知工業高校の象徴である校章としています。 ...
  • 閉校後、旧敷地に大阪市立泉尾第二工業高校の記念碑が設置されている。 ...
  • 一年後には自分も彼の入った工業高校に進学しようと思った。 ...
  • また私立の工業高校の中では全国で3番目に古い歴史を持つと言われている。 ...
  • その翌未明、大阪の川口を出帆しゅっぱんした二百トンにも足らぬ小汽船があった。 ...
  • 川口知子はこの作品での演技で日本映画製作者協会新人賞を授与された。 ...
  • ハイウェイオアシス化前の旧川口PAの頃の施設は下記の通りである。 ...
  • デビュー当初は川口に在籍していたとも言われるが、定かではない。 ...
  • 川口を通ふ船の青い灯、赤い灯が暗い水の面に美しく亂れてゐた。 ...
  • 工業高校と同様に資格の取得に力を入れている学校が多い。 ...
  • この時期の1歳下で先に入っていた先輩にAV監督のきとるね川口がいる。 ...
  • 川口とは卒業後も電話で話をする仲であると語っている。 ...
  • 川口はいちばん背が高いので、だれよりも早く、島を発見することができたのだ。 ...
  • 当時会津川口と只見の間には当駅と会津横田駅しか設けられていなかった。 ...
  • 中学を卒業すると、ラグビーの強豪チームがある大阪の工業高校に進んだ。 ...
  • 工業高校を卒業してから読書が趣味になったおれでもゾッとしない。 ...
  • 明治時代までは薬研堀があり、その大川口には元柳橋が架けられていた。 ...
  • 当時会津川口と只見の間には当駅と会津蒲生駅しか設けられていなかった。 ...
  • これは反射面の多い川口の存在を明かに示してゐるのである。 ...
  • 最寄り駅は京浜東北線川口駅であるが、東に約1 kmほど離れている。 ...
  • 現在では、竹田市にある但馬屋老舗及び川口自由堂が製造・販売している。 ...
  • 神奈川工業高校が管理しているが、裏門を利用する学校関係者もいる。 ...
  • 全国で2校しかない伝統建築コースという専門コースがある工業高校でもある。 ...
  • 江戸時代に日光御成道が整備され、川口宿と鳩ヶ谷宿が置かれていた。 ...