崩壊する危険

19 の用例 (0.00 秒)
  • 阿蘇戦区の諸隊が包囲されれば、全軍はなし崩しに崩壊する危険がある。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 08 九州撤退戦・上』より引用
  • この方法だと過去へ向かって情報を送ることも可能となるので、因果律が崩壊する危険がある。
  • 上記の方法の中で、柔らかい生物は標本作製の処理の際に崩壊する危険がある。
  • トンネルは地圧が高くなるほど崩壊する危険性が高まる。
  • さらに力を解除して体温を元に戻す際には時間をかけて徐々に温度を上げるようにしなければならず、一気に解こうとすると体組織が崩壊する危険性を持つ。
  • 防波堤の安定性は非常に高くなったが、波浪の持つ巨大なエネルギーの前では防波堤が崩壊する危険性は、僅かとはいえ存在しており、より高い安定性への追求が続けられた。
  • しかしこのような構造も、その薄さゆえ曲げには弱く、集中荷重を加えれば崩壊する危険性は高い。
  • トンネルが崩壊する危険があるほか、溶けた粘土で排水ポンプが詰まるのにも困らされた。
  • これを味方が知れば全軍が崩壊する危険があると考え、劉邦はとっさに足をさすり、「奴め、俺の指に当ておった」と言った。
  • 小規模な騒ぎなら、町に雇われた衛士に鎮圧されるが、規模が大きくなった場合、手がつけられず、町そのものが崩壊する危険をはらんでいる。 千葉暁『アルス・マグナ2 大いなる秘法 光と闇の双生児』より引用
  • 煉瓦・コンクリートブロックを積んだだけでは構造的に弱く、水平方向の外力を受けて崩壊する危険性がある。
  • そこで自分の一連の生涯を話し、火山活動による水蒸気爆発によって島が崩壊する危険があることを告げると、自分が死んだあとはノーチラス号を棺として海底深くに沈めて欲しいと遺言する。
  • 半地下式の竪型炉や坩堝炉の場合、硫化物の製錬を行うとその過程で炉壁を激しく侵食し、炉が崩壊する危険性が高い。
  • 日本全土を震撼しんかんさせる危機も、家族のきずなが崩壊する危険も、当事者にとっては等しく絶望的な窮地にほかならない。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • この一帯は地すべりがたびたび発生し、1889年に着工された亀ノ瀬トンネル・芝山トンネルも異常な圧力を受け、工事が完成しても煉瓦に亀裂ができ、崩壊する危険性に見舞われていた。
  • マケドニア軍が崩壊する危険を犯してまで追撃を続けるか、左翼を救援するかの選択に迫られたアレクサンドロスは結局パルメニオンを救援し、その後でダレイオスを追撃することにした。
  • 緑化や土壌流出防止用として意図的に植栽された本種が、キジラミの食害により一斉枯死して、一面が枯れ木で埋め尽くされたり、傾斜地が崩壊する危険性が出てきたからである。
  • アラーウッディーンは母およびその実家であるカンクリ部族との対立を深めており、部族軍を糾合して野戦に望めば、不仲な遊牧民が戦線を離脱したりモンゴル側に寝返って一戦で崩壊する危険性があった。
  • 火災事故では放射線・水素爆発・建屋のコンクリートが高熱に耐えきれずに崩壊する危険を顧みず、防護服と酸素ボンベを身に付けて高さ80フィートの建屋屋上から消火の指揮を執った。