崩れ込ん

116 の用例 (0.01 秒)
  • 会場内には開催かいさいの合図とともに雪崩なだんできたたくさんの参加者たち。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第14巻』より引用
  • これら経済的可能性の拡大と共に人々がニューヨーク州北部に雪崩れ込んだ。
  • 陰茎から生まれている快感が、口の中まで雪崩れ込んでくるようだった。 神崎京介『禁忌』より引用
  • ときには大量の刷物の包みがお涌の勉強机の側まで雪崩なだれ込んだりした。 岡本かの子『蝙蝠』より引用
  • だれかがそう叫ぶと、牧夫たちは土足のままで部屋の中に雪崩なだれ込んだ。 佐左木俊郎『恐怖城』より引用
  • 三等が満員になったので団員の一部は二等客車へどやどや雪崩なだれ込んだ。 寺田寅彦『静岡地震被害見学記』より引用
  • いましめを解かれたとき、彼女はアンヌ=マリーの腕の中に崩れ込んだ。 レアージュ/鈴木豊訳『O嬢の物語』より引用
  • 腕に腕をからませて、そのまま楽屋になっている更衣室へと雪崩なだれ込む。 今野緒雪『マリア様がみてる 18 特別でないただの一日』より引用
  • 或るところで一坪ほどの地面が大きな一本の躑躅ごと坂道へ雪崩なだれ込んでいた。 宮本百合子『白い蚊帳』より引用
  • 人が雪崩れ込んでくれば、静信はおそらく沙子を庇わずにいられない。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • そして鍵を使つて格子の戸口を開けると中へ雪崩なだれ込んで来た。 山田風太郎『明治バベルの塔 -山田風太郎明治小説全集12』より引用
  • 右も左もわからない青洟あおばなたらした紅衛兵のガキ、学内雪崩なだれ込んで来た。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 1) 定吉七は丁稚の番号』より引用
  • それが一瞬にして、私の意識へと雪崩れ込んできた。 梅原克文『カムナビ(下)』より引用
  • 冷たい鉄の中央を思い切り押すと、隙間すきまから場内の熱さが雪崩なだれ込んできた。 喬林知『今日からマ王 第08巻 「天にマのつく雪が舞う!」』より引用
  • 店の入口から、幾つもの人影が雪崩れ込んできた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター04 D-死街譚』より引用
  • 最短距離にいる連中は、あと三〇秒足らずで森へ雪崩れ込むだろう。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • 警備員が部屋に雪崩れ込んできた。 馳星周『夜光虫』より引用
  • 耳はシャッターで閉鎖へいさされていない為か、周囲の患者かんじゃのざわつきが雪崩なだれ込んでくる。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 02 善意の指針は悪意』より引用
  • どうやら、玄関からも、裏庭からも、同時に何人かが雪崩なだれ込んだ様子である。 久世光彦『陛下』より引用
  • 突然、入り口の戸が開いて男たちが六、七人なだれ込んできた。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • 次へ »

崩れ込ん の使われ方